三洋電機の2千円台電気シェーバーでひげ剃りは十分

三洋電機の電気シェーバー「T-SOLID NEO」については一昨年にも記事を書いたのだが、経済合理的に考えて、1万円以上する電気シェーバーを買うのは完全に無意味。

いくら高性能の電気シェーバーを買ったって、ヒゲは朝そっても夕方には生えてくる。
ご承知のように、ブラウンの「モーニング・リポート」というテレビCMがある。通勤途中の男性を呼びとめて、ヒゲを剃ってもらい、剃り残しがこんなにある!と驚くワンパターンの内容だ。
あの剃り残しのヒゲの一部は、通勤の1時間半の間に伸びたヒゲである。人によってはそれくらいヒゲが伸びる速度は速い。
なので、電気シェーバーにヒゲ剃り性能の高さをもとめるのは、特にこのデフレの世の中、完全にナンセンスである。
そこでおすすめなのが、今やパナソニック傘下の三洋電機の「T-SOLID NEO」シリーズ。本体はアマゾンで買えば3,000円以下。
ただし、約1年半で買いかえる前提で購入しよう。
というのは、外刃の替え刃と、内刃の替え刃の金額の合計が、本体より高いからだ。しかも内蔵バッテリーは、少しずつ劣化するので、性能が落ちてきたら買い換えた方が安い。
以上、またアフィリエイト・ブログみたいで申し訳ないが、1万円以上もする電気シェーバーを買って、その上、替え刃まで定期的に買うなどというムダづかいをしている人がいないとも限らないので。