米ユニセフから感謝のメール

ヒマがあれば外出しないと時間がもったいないという「時間貧乏症」のはずの僕が、最近は、できることなら一日中、部屋から出たくない人間に変化しております。
誰の視線も感じなくてすむ、一人きりの部屋で、まったりする居心地のよさ。
米国ユニセフから寄付に対する感謝のメールがとどきました。ハイチのポルトー・プランスに、防水布1万枚、水容器4,600本、浄水タブレット550万個、経口補水剤55.6万袋が届けられたそうです。
日本ユニセフも、ハイチ地震ピンポイントの募金がクレジットカードで可能になりました。
ユニセフ:ハイチ地震緊急募金