ビデオニュース・ドットコムを解約した

実は、インターネット放送局「ビデオニュース・ドットコム」の視聴契約をやめた。
月額たった525円なので、お金の問題ではない。
最近「マル激トーク・オン・デマンド」にテーマの重複が多く、同じようなことばかり放送している、というのも理由の一つ。
だがそれ以上の理由として、「虚しさ」がある。
ビデオニュース・ドットコムで宮台真司や神保氏が主張していることには、激しく同意する。
しかし、僕のような社会的になんの影響力もなく、同調圧力の強い、典型的な日本企業で働いているサラリーマンが、そういった主張に同意しても、自己満足にしかならないのだ。
まあ政権交代の実現には、僕自身も投票行動で貢献できたが、それ以上のことは、結局なにもできない。
というより、一日仕事をして、疲れ切って帰って来て、自分のこころと体を休める気力しか残らない。
そういう働き方を強要されている日本企業のサラリーマンが、積極的に社会参加して、「ビデオニュース・ドットコム」で主張されているような社会の実現のために活動する気力など、残っていないのだ。
神保氏はジャーナリストで、それが仕事だからいい。
宮台氏も研究者であり、ロビイストで、それが仕事だから問題ない。
でも、ふつうの日本の会社員は、欧米諸国に比べ、労働時間が異常に長いので、プライベートの時間を、自分のためにつかう気力しか残らないのだ。
僕もそういう典型的なサラリーマンの一人なので、「ビデオニュース・ドットコム」のような、とてもまっとうな主張をする放送局の番組を見続けていると、「虚しさ」だけが残る。
そういうわけで「ビデオニュース・ドットコム」を解約した。