ポップブロッカー手作り法:ストッキングを買うのが恥ずかしい男性のために

ポップブロッカー(ウィンドスクリーン)というのは、マイクに「ぱ、ぴ、ぷ、ぺ、ぽ」の破裂音によるノイズが入るのを防ぐものだ。
歌手のレコーディング風景で、マイクの前に付いている、丸いスクリーンのようなもの。あれである。
メーカー品を購入すると、安くても1,500円するので、ヴォーカル録音に手作りする人が多いらしい。ただ、男性にとってのネックは、ストッキングを買わなきゃいけないこと。
今日、僕もストッキングを買う覚悟で近所の100円ショップへ行くと、いいものが見つかった。台所のシンクのごみ取り網に、ネット型ではなく、ストッキング型のものがあったのだ。
これなら、ストッキングを加工する手間も省けるし、汚れてきたら新しい物に取り換えることもできる。素晴らしい。
では、このストッキング型のシンクごみ取りを使った、400円で作るポップブロッカー。
(1)材料は、天ぷらカスとり用の「おたま」、シンク用のごみ取りネット(ストッキング型)、ヘアバンド2個。ヘアバンドを買うのも恥ずかしい人は、もちろん輪ゴムでよい。
Windscreen2009120201
僕がヘアバンドを選んだのは、輪ゴムのようにベタベタしなくて、取扱やすいからだけ。
また、どうせ後でネットをかぶせるので、「おたま」の頭の網の目は粗くて構わない。
ただし重要なのは「おたま」は、持ち手の部分まですべて、手の力で曲げられる金属製のものを選ぶこと。持ち手部分がプラスチックのものはダメ。
(2)まずごみ取りネットを「おたま」にかぶせる。
Windscreen2009120202
(3)そして根元の部分をヘアバンドでとめる。それほどしっかりとめる必要はない。
Windscreen2009120203
(4)2つめのヘアバンドを持ち手の部分に通す。そして少し力を入れて、「おたま」の形を写真のように波型に曲げる。「おたま」の頭は、マイクの頭にかぶさるように、できるだけ曲げよう。
Windscreen2009120204
(5)そして持ち手に通しておいたヘアバンドで、マイクへ固定すると完成。
ヘアバンドを使わずに手でいっしょに握るのもいいが、握力が必要で、ヘンに腕に力がはいって、声にも影響するので、ヘアバンドか輪ゴムで固定するのがよい。
このとき、マイクのスイッチが「おたま」の方ではなく、外側に向くように固定しよう。でないと、スイッチを切れなくなっちゃう。
Windscreen2009120205
以上、ストッキングを買わなくても400円、厳密にいえば、ネット部分は35枚入りで100円だったので、300円ちょっと(税抜き)で、ポップブロッカー(ウィンドスクリーン)を手作りする方法でした。