アゲハスプリングスの破壊的なプロデュースぢから!

アゲハスプリングスなる会社が、今のJ-POPの裏方として大活躍しているというお話。
flumpoolっていうバンドが人気らしいね。ニューアルバムは今のCDの最大録音時間ギリギリで世界最長になったって?
商業音楽はたくさん売るために、こんな下らないことまで話題にしなきゃいけないんだから、大変だ。ちーちゃん(鬼束ちひろ)の「STEAL THIS HEART」のPVのディープキスも同じだけど。
YouTubeでflumpoolの違法アップを何曲か聴いてみたら、知ってるのは「花になれ」だけだった。でも濃密ながらも透明感のあるバンドサウンドと、思わず走り出したくなるグル―ヴ感は気持いね。ヴォーカルも男前だし。
でもどこかで聴いたことのある音なんだよなぁ...。きっとプロデューサのなせる業だろう。売るための商業音楽には、プロデューサの力量が絶大な影響をもつからね。
flumpoolのプロデューサは、玉井健二という人なのか。僕と同世代で、えっ!僕が東京に住んでいる間に、明石家さんまの関西ローカルのラジオ番組『ヤングタウン』で、絶妙なアシスタントぶりで名を馳せたって!?
音楽もできるし、お笑いの大御所の聞き役も的確にできるし、頭の良い人なんだなぁ。
アゲハスプリングス所属...。ん!!聞いたことあるぞ。この事務所の名前。アゲハスプリングス。っていうか、最近、耳にしたばかりだぞ。
あっ!中島美嘉の新曲『流れ星』の作曲・編曲をした田中ユウスケというプロデューサの所属事務所じゃないか。どうりで。
ええっ!中島美嘉の『Over Load』のアレンジャー、『ORION』を作曲した百田留衣も同じアゲハスプリングス所属じゃないか。百田留衣ってギタリストでもあるんだね。
Superflyのニューアルバム『Box Emotions』のプロデューサ:蔦谷好位置(面白い名前!)という人もアゲハスプリングス。1stアルバム『Superfly』のプロデュースも彼で、百田留衣がギタリストで参加してるらしい。
絢香『夢を味方に』の作曲者もこの蔦谷好位置。「ゆず」の最新アルバム『FURUSATO』のプロデュースも蔦谷好位置。ゆずの『虹』の、あの分厚くて否応なしに盛り上がるアレンジも、Superflyの『愛を込めて花束を』と『My Best Of My Life』のヘビーなギターサウンドながらも壮大に広がっていくアレンジも、蔦谷好位置なんだ。
FUNKY MONKEY BABYSの最近の曲も、アゲハスプリングスの田中隼人という人がプロデュースと作曲をしてるみたい。
僕の好きな伊藤由奈の『Precious』っていうスケールの大きなバラードも、プロデュース:玉井健二、作曲:田中隼人のアゲハスプリングス・タッグ。伊藤由奈とセリーヌ・ディオンの共演をプロデュースしたのも玉井健二なんだ。
ええっ。『BARFOUT!』2007/11号の岡村靖幸との対談で、鬼束ちひろがお友達だって言ってた「MEG」という女性シンガーの『OK』という曲も、作曲:蔦谷好位置、編曲:田中隼人のアゲハスプリングス・タッグ。
ちなみに、K-POPに詳しい方。John-Hoon(キム・ジョンフン)にも、アゲハスプリングスの田中隼人が作曲やプロデュースで噛んでるよ。
もう、ここまで来ると「参りました」としか言いようがないでしょ。
もちろんflumpoolの最近の楽曲は、すべて彼ら自身が作詞・作曲だけど、「売れる」商業音楽を作るにあたって、プロデュースやアレンジがいかに重要か。
このアゲハスプリングスの、プロデューサ、アレンジャー、コンポーザの最強布陣を見れば分かるというもの。
今の音楽業界で、柴田淳や鬼束ちひろのような、シンガーソングライター自身にいかに才能があっても、それを商業音楽として「売れる」商品に仕立てて、より多くの人の耳に届くようにするには、やはりプロデューサの力が大きいってことだね。(もちろん、柴田淳、鬼束ちひろとアゲハスプリングスは無関係だけど)
いやぁ、勉強になりました。