「うつ病」ネタでTVに出るタレント、正直イラつく

TBSの『金スマ』。ああそうですか。木の実ナナがうつ病で苦しんでいたと。
彼女がうつ病を発症したのは10年以上前だから、医者がうつ病と診断できず、自律神経失調症としか診断できなかったのは仕方ないだろう。
まともな抗うつ剤が日本で一般的に処方されるようになったのは、つい最近の話だから。
でも『金スマ』で気になったのは、「誰でもうつ病になる可能性がある」という情報を一方で伝えながら、木の実ナナの生い立ちや性格の紹介に長い時間を割いていた点だ。これは完全に矛盾している。
で、同じ『金スマ』で、高木美保のパニック障害の体験が取り上げられていたときも思ったのだが、所詮、彼らは芸能人という特殊な人種だ。
木の実ナナが幼い頃、苦労したかは知らないが、僕の母親を含め、終戦直後に生まれた同年代の日本人は、多かれ少なかれ同じような貧困による苦労を強いられている。
一般人には望むべくもない収入を得ているタレントが、うつ病やパニック障害に苦しんでも、仕事は休もうと思えば休めるし、治療のための休養の時間はたっぷりとれる。
しかも、まさにこの『金スマ』のように、そのうつ病やパニック障害を仕事のネタにさえ出来る恵まれた人たちだ。
うつ病のために自殺に追い込まれる人々の多くは、同時に経済的な困窮も問題としてかかえている。
実際に仕事を失っていなくても、生活するためには仕事を続けざるを得ず、うつ病やパニック障害を治療するための、十分な休養がとれない。
結果として病状を悪化させ、自殺に至る。
それに比べれば、木の実ナナや高木美保は恵まれすぎるほど恵まれている。
木の実ナナが、うつ病になっているときにスキューバ・ダイビングという趣味に出会ったとか、高木美保が田舎での農業生活に出会ったとか。
そういう話を聞くと、正直言って、タレントはサラリーマンと違ってのん気に生活できていいなぁと思う。
はっきり言って、彼らタレントのうつ病やパニック障害の体験談は、失職すれば即、困窮といった一般人には、全く参考にならないと言ってよい。
というか、テレビの画面の中で笑っている木の実ナナや高木美保を見ると、腹が立つ。
こっちは失業したら食っていけないから、うつ病を治したくても治せないのに、まるで自分たちが悲劇のヒロインのような顔をしてテレビに出演しやがって...。
こういう心の狭さも、病気のなせる業か?