鬼束ちひろ『DOROTHY』レビュー(2)アレンジの劇的な変化

(鬼束ちひろ『DOROTHY』レビュー1回目からつづく)
2009/10/28発売、鬼束ちひろのニューアルバム『DOROTHY』レビュー2回目。

今回は、作曲と編曲について。
う~ん、それにしても最後の「VENUS」は何度聴いても泣きそうになる。
デビューアルバムの『Insomnia』から『DOROTHY』までを聴いていて、気になるのは8分の6拍子の曲の存在。
まず1st『Insomina』と2nd『This Armor』には一曲もない。『Sugar High』の6曲目「漂流の羽根」でようやく登場(8曲目「King Of Solitude」はたぶん4分の3拍子)。『LAS VEGAS』では「everyhome」だけが8分の6拍子。
『DOROTHY』では、1曲目「A WHITE WHALE IN MY QUIET DREAM」、7曲目「帰り路をなくして」、11曲目「VENUS」と、アルバムの最初、中、最後の要所に登場する。
特にいかにも鬼束ちひろらしい、スケールの大きなバラード2曲が8分の6拍子で作られている点が新鮮。
編曲については、『SUGAR HIGH』までの羽毛田丈史、『LAS VEGAS』の小林武史との大きな違いは、一つはボーカルの処理。
『DOROTHY』のギターの際立ったノイジーさは、編曲者の坂本昌之というより、西川進のなせる技。
坂本昌之の、羽毛田丈史や小林武史との大きな違いは、鬼束ちひろの声に、思い切ったエフェクトをかけることをためらわなかった点だと思うのだ。
「X」や「STEAL THIS HEART」にひどい違和感を抱いた昔からの鬼束ファンは、彼女の声にエフェクトをかけられてしまった点に、無意識のうちに拒絶反応を示したのではないか。
「陽炎」の大サビ(Dメロ)の、リバーブではなくエコーの大胆さ、「X」のイントロのざらつきや、間奏でやはりエコーがかかりまくった彼女のファルセットのオーバーダブ、「STEAL THIS HEART」のエレクトロ声、「帰り路をなくして」では「X」と同様、間奏部分のエコー、「ラストメロディー」の最後のフェイクの強烈なエコー、「VENUS」も同様。
正直、アルバムを通して聴くと、とくにエコーはくどい感じがするが、ピアノと生声だけで聞かせるという、典型的な鬼束ちひろ的世界からの脱出が明確だ。
そして、坂本昌之アレンジの、過去の鬼束作品との最大の違いは、そのピアノの後退だ。
シングルを聴いてみると、実に1st「シャイン」から7th「Sign」まで、全曲、イントロはアコースティックピアノで始まる。8th「Beautiful Fighter」でようやくエレキギターになる。
羽毛田氏のピアノが、いかに鬼束ちひろサウンドを決定づけていたか、悪く言えば、束縛していたかがよく分かる。
小林武史プロデュースの『LAS VEGAS』でさえ、「bad trip」「僕等 バラ色の日々」「MAGICAL WORLD」「Angelina」「everyhome」と、イントロが小林武史のピアノで始まる曲が5曲もある。
そして『DOROTHY』は、驚くべきことにアコースティックピアノのイントロで始まるのは、「Losing a distance」の1曲のみ。
だが、声にエフェクトがかかろうが、イントロがギターで始まろうが、鬼束ちひろの詞と曲は今までどおりの存在感を保っている。
坂本昌之プロデュースによる『DOROTHY』は、そういう意味で確かに鬼束ちひろにとって重要なターニングポイントになっている。
(つづく)
※この鬼束ちひろのアルバム『DOROTHY』のレビューは、以下のように全6回の連載になっています。ぜひ通してお読みください。
「鬼束ちひろ『DOROTHY』レビュー(1)その形而上学的構想について」
「鬼束ちひろ『DOROTHY』レビュー(2)アレンジの劇的な変化」
「鬼束ちひろ『DOROTHY』レビュー(3)クレジットを熟読する」
「鬼束ちひろ『DOROTHY』レビュー(4)物語分析・前半」
「鬼束ちひろ『DOROTHY』レビュー(5)物語分析・後半」
「鬼束ちひろ『DOROTHY』レビュー(6)全体構成のまとめ」
※なお、鬼束ちひろについてツイッターでつぶやくときのハッシュタグは #onitsuka に決まりました。