キンドルが日本で絶対売れない理由

キンドルというアマゾンが開発した電子書籍を読む携帯機器は、日本では絶対に売れない。
『電子書籍「キンドル」上陸の衝撃』
日経ビジネスオンラインの上記の記事によれば、米アマゾンは、電子書籍を読む携帯機器「キンドル」快進撃のおかげで、大幅な増収増益を記録したらしい。
米アップル社のiPodが日本の音楽業界を激変させたのと同様、「キンドル」が上陸すれば日本の出版業界を激変させるかも…
…という主旨の記事だが、絶対ならない。保証してもいい。
「キンドル」は、ブラックベリーのようなPDA型携帯電話と同じく、日本では絶対にヒットしない。
Amazon Kindle will never sell in Japan, just as Blackberry doesn’t sell well.
「キンドル」が売れない理由も、ブラックベリーがヒットしない理由も同じ。日本には独自の「ケータイ文化」があるからだ。
The reason why Kindle will never sell in Japan is the same as why Blackberry doesn’t sell. There is a unique “Keitai Culture (mobile phone culture)” in Japan.
「キンドル」やブラックベリーに食いつく日本人がいるとしたら、ケータイ文化の根深さに鈍感な「米国かぶれ」だけだ。
If there are any Japanese who are going to get Kindle, such Japanese are mere a kind of Americophilia who are not sensitive their own cultural background.
日本の出版物を、雑誌、新書・文庫、漫画、その他全ての単行本に、大きく分けてみよう。
Let’s categorize published books into magazine, paperback (called ‘Shin-sho’ or ‘Bunko’ in Japanese), manga (Japanesse comics) and all the other hardcover.
雑誌のなかでも、上質紙に印刷された写真の美しさが必須のファッション誌のようなものは、「キンドル」では売れない。
Among manazines, such as mode managinzes in which beautiful photos printed on a high-quality paper are important will never sell with Kindle.
「キンドル」で売れるが文字中心の雑誌(論壇誌、文芸誌、大衆小説誌など)の読者層は、「キンドル」のような最先端のIT機器に手を出す層とは、おそらく一致しない。
Magazines without beautiful pictures, such as critique or novels magazines can be sold with Kindle. However, those who are interested in such old-fashioned serious magazines will never be interested in a new IT device like Kindle.
次に、新書・文庫だが、これは電子化する価値がある。しかし、これらが電子書籍として売れるとすれば、「キンドル」ではなくケータイだろう。
Paperbacks can be electronized and sold with Kindle. But in Japan, there is already a strong-sell device for this purpose, i.e. mobile phone.
新書・文庫の利点は、持ち歩きやすさだ。もし、新書や文庫の新刊が、ケータイで読めるようになったら、誰がケータイの他に、もう一台、「キンドル」のような、かさばるものを持ち歩くだろう。
The merit of paperbacks is their portability. If Japanese paperbacks can be read on mobile phone, who dear to bring an annoyingly big device like Kindle in addition to a mobile phone?
しかも「キンドル」のデザインは、味もそっけもなくて、全然カワイくない。ダサダサである。
And the design of Kindle is boring and not attractive at all. In Japanese we say Kindle is NOT ‘kawaii’.
電子手帳(PDA)もそうだが、通勤電車の中で「キンドル」なんか持っていたら、間違いなくオタク扱いだ。
If Japanese bring a Kindle in the train, people will surely regard him/her as an ‘Otaku’ and look down on him/her.
なので、「キンドル」は、新書・文庫の配信機器としても、まったく魅力的でなく、実用的でもない。ケータイで十分だ。
So Kindle is neither attractive nor practical in Japanese context of ‘Keitai Culture’ for reading paperbacks. Mobile phone is enough for Japanese.
最後に漫画だが、漫画しか読まない読者層も、経済水準的に、また、趣味嗜好的に、「キンドル」のようなIT機器を購入する層とは明らかに異なる。
Regarding the last category, manga, those who read only manga and never read novels have totally different background from those who are interested in a state-of-art IT device like Kindle.
また、ページ全体のコマ割りが、ストーリー展開と直結する漫画のようなビジュアル重視の書籍は、ファッション雑誌と同様、電子化に向かない。
In addition, the visual design of each page is really important for manga. But the LCD screen of Kindle isn’t suitable for representing an avantgarde page design of Japanese comics.
また、コアな漫画ファンは、コアな単行本ファンと同じように、本の装丁や、紙の質感、ページレイアウトなど、本の持っている装飾的な価値を重視する。中身だけ電子化しても、売れない。
And those who really love manga love not only the contents but also the cover design, the quality of paper and the whole layout of each pages, just like those who really love hardcover books. So if you encode only the contents of manga, it will never sell.
その他の書籍、例えば、百科事典、地図、電話帳、ガイドブックなど、純粋に情報提供のための出版物は、すでに電子化されており、ケータイから閲覧できるので、「キンドル」は不要だ。
The other kind of books, e.g. encyclopedia, maps, yellow pages and various guidebooks, i.e. information providing books are already turned into numberless websites. Japanese can already search such contents with “Keitai” (mobile phone).
これで、「キンドル」が新し物好きのおもちゃとしてしか売れないことは明らかだろう。
As written above, Amazon Kindle will sell only for neophilia in Japan.
というより「キンドル」に限らず、書籍を電子化し、専用端末へ配信するサービスは、少なくとも日本では、ケータイがある限り、大きなビジネスにはなりえない。
In Japan the electronic book itself will never be a big business as far as the context of Japanece “Keitai Culture” exists.
ただ、最後に付け加えるとすれば、いわゆる「ケータイ小説」はどうなんだ、という話がある。たしかに「ケータイ小説」は成功している。
電子書籍がケータイで読めるサービスは、ケータイが出始めたころから存在する。
しかし、配信されている書籍にろくなものがなく、かつ、すでに書籍化されているものの電子化なので、読者の需要を度外視した価格設定がされている。
それに対し「ケータイ小説」は、ケータイだけのために書かれ、読者層(大多数は若い女性)のニーズに合った内容だ。
後に書籍化される場合でも、最初にケータイで配信されるときは、おそらく筆者がプロであっても、流通コストがかからないため、配信価格を低くおさえられるのだろう。
それに、現実には「ケータイ小説」全般が成功しているのではなく、一部の「ケータイ小説」が成功しているだけだ。
別に、小説がケータイで読まれることが普通になったわけではない。相変わらず、小説は紙の書籍で読まれるのが普通だ。
一部の「ケータイ小説」の成功は、小説のネット配信時代の到来を告げるものでもはない。まして「キンドル」のような電子書籍端末の成功を予告するものでもない。
以上が、紙の書籍とケータイが存在する限り、「キンドル」のような電子書籍端末が、絶対に日本で成功しない理由だ。
(ところで、ブラックベリーなどのPDAが売れない理由は、iPhoneのように、PSPやDSと同じカテゴリのゲーム機として使えないからだ。日本では、遊びに使えないPDAは絶対に売れない)
では、「キンドル」のような電子書籍端末が、日本で絶対に成功しないと断言できるのに対して、なぜiPodは成功し、日本の音楽業界を激変させたのか?
それについては、回を改めて書くことにする。