『思想地図』vol.2 ジェネレーション、vol.3 アーキテクチャ

何だか、どういう状態が「正常」な自分なのか、だんだん分からなくなってきた。

サラリーマンとしての仕事は、極めて単純な論理で完結している世界なので、「知らない」ということはあっても、「分からない」ということはない。
なので、気力の続く限りは淡々と仕事をこなすことはできる。
ただ、職場であると、私生活であるとに関わらず、他人とのコミュニケーションにおいて、自分がどう振舞うのが「正常」なのか、よく分からなくなってきた。
とにかく普通に話をするのが難しい。どういうテンションが普通なのか、よく分からない。
最近、ビデオニュース・ドットコムを聞いたり、中国語の勉強をしたりする気力がない。
気が向いて『思想地図』vol.3の「特集・アーキテクチャ」を読み終えて、そこそこ面白かったけれど、感想をまとめる気力がない。
でも『思想地図』vol.2の「特集・ジェネレーション」も続けて購入して読み始めている。相変わらずポストモダン思想は好きらしい。