羽田ハブ化発言で、怒りむき出しの森田知事の「品格」

森田千葉県知事も、京成電鉄も、産経新聞も、ぜんぜんダメ。
前原国交相が、羽田空港をハブ化すると発言したことで、森田健作知事は、夜も眠れないほど腹が立ったらしい。
記者会見で怒りをぶちまけるとは、彼を選んだ千葉県民のみなさん、良識が疑われますよ。
前原国交相の会見の前後の発言を、ちゃんと聞きましょう。
成田空港は、長年の地元民の反対運動で、滑走路を増やすことができず、慢性的な容量不足である。
そのため、各国の航空会社が、「成田で離着陸させてくれ!」と求めてきているのに、まったく対応できていない状態だ。
だから、やむを得ず、成田の国際便枠をめいっぱい使ったまま、羽田の国際便離着陸枠を増やしてハブ化しましょう、というのが、前原国交相の発言である。
当たり前すぎるくらいに、当たり前の話じゃないだろうか?
なぜ自民党政権は、こんな単純なことも言い出せなかったんだ、と思うくらい、当たり前の話だ。
それを、森田知事は会見で感情をあらわにして、品格のかけらもないし、京成電鉄は「もうすぐ完成する成田高速鉄道をどうしてくれるんだ」とわめくわ、産経新聞はこの両者に援護射撃をするわで、あきれてモノも言えない。
民主党の国土に関するグランドデザインは、東京一極集中の緩和だ。
高速道路の無料化も、地方の高速道路の通行料が高すぎて、高速はガラガラ、一般道はいつも渋滞、という状況を解消し、実質的に車しか移動手段のない地方の、交通事情を改善するのが主なねらいだ。
よくモノが分かっていない人たちは、高速道路を無料化すると、高速が渋滞して大変だとわめいているが、地方の実情を完全に無視した、無意味な反論だ。
羽田のハブ化も、地方のことを考えた政策である。
地方から海外に旅行する人は、いったん日本国内の空港から、国内便で羽田空港にいき、そこから成田まで移動してから、海外に飛ぶという、どう考えても不合理な不便をしいられている。
その点、韓国の人は、自民党や森田知事よりもはるかに頭がいいので、インチョン空港と、日本国内の地方空港の間に、たくさん直行便を飛ばしている。
そうすることで、日本の地方に住んでいる人は、インチョン空港へ飛べば、そこからそのまま、いろんな国へトランジットできる。
だからインチョン空港は、羽田や成田を差しおいて、ハブ空港として成功しているのだ。
羽田や成田の地位低下は、地元への利益誘導しか考えられず、日本全体のグランドデザインを考える能力のない、森田知事や旧自民党の政治家の方々のせいだ、ということを、ご本人がまったく分かっていらっしゃらない。
残念な人たちだ。

羽田ハブ化発言で、怒りむき出しの森田知事の「品格」」への0件のフィードバック

  1. hishioh.JP

    政治的には「台風の目」な橋下知事

    「地域に縛られず日本のことを考えた判断。(羽田ハブには)賛成だ」(13日) 「東…