第一興商主催「全日本カラオケグランプリ」関西大会、ダメでした

本日2009/10/12(祝)、第一興商主催「全日本カラオケグランプリ2009」関西大会に出場してきた。
結論からいえば、ダメ。
二次審査にも合格しなかったし、特別賞ももらえなかった。
でも、一生に一度の、何ものにも代えがたい、貴重な体験ができた。
参加者は、事前の発表より増えて108名。僕は99番目。
自分の番が来るまでは「人格が崩壊するのではないか」というほど緊張した。
ところが、いざ真っ暗な舞台袖に入り、次が自分の番だ!というとき、自分でも信じられないほどテンションが上がり、闘争心が湧き上がってきた。
そして名前を呼ばれ、レッドカーペットを歩いて、収容人数1,100人のホールを目の前に、「ハ」の字型に置かれたモニタースピーカーの間、舞台中央のバミリ位置に立って、目もくらむようなピンスポットを浴びた瞬間...。
完全に、人格が変わった。
完全に、シャルル・アズナヴールになってしまった。
一次審査はワンコーラスしか歌えない。
なので、厳密にいえば、僕がフランス語で歌う『ラ・ボエーム』は、「Nous ne mangion q’un jour sur deux」までのはず。
でも、幸運なことに、舞台袖でスタッフさんから「『夢みるさすらい』まででいいですね」と確認が入った。
念のため持参した日本語訳詞を、あわてて確認すると、「夢みるさすらい」という歌詞は、ツーコーラスめのサビの最後だ。フランス語でいえば「Et nous avions tous du genie」。
そういうわけで、客席が全く見えないほど、まぶしいピンスポットを浴びながら、たっぷりツーコーラスを、フランス語で歌いきることができた。
ところで、いま勤めている会社の同じグループの事務の女性が、昔、スタジオレコーディングなど、少しプロの歌手活動をしていたらしい。
それで、事前に、「歌う前にはストレッチをしたり、声を出したりしておいた方がいいですよ」と助言をもらっていた。
ところが、ちょっとストレッチする空間はあったものの、発声する場所がなかった。
仕方なく、発声練習なしで、いきなり舞台に上がったのだが、意外なほどよく声が出た。
もっとも、総額4,000万円という、プロのコンサート同等の音響設備(PA)のおかげだったかもしれない。
足元のモニタースピーカーからは、伴奏と自分の声が、ベストミックスで聞こえて来るし、無駄な残響がまったくなかった。
たしかに音響はとっても良かった。カラオケボックスとは、雲泥の差。
目をつぶって、完全に自己陶酔の世界に入っている筆者の醜態を見たいかたは、下記のページを参考に、2009/11/14(土)14:00~15:00、11/15(日)14:00~15:00にスカパー!の「第一興商スターカラオケ Ch.267」でどうぞ。
>> スカパー!「STAR karaoke」全日本カラオケグランプリ2009地区大会放送日程
ところで、審査員の先生方が、大会の最後に、総評としておっしゃったことを引用しておく。
「今日の大会は非常にレベルが高く、審査も難航しました。しかし、次の2点を基準に判断しました。まず、歌を自分のものにしているか。そして、聴衆に歌を届けようとしているか、この2点です」
はっきり言って、僕はこの大会を、なめていた。
素人のカラオケ好きが自分の腕を披露する大会くらいに思っていたのだが、レベルが高すぎるのだ。
僕のように自分の好きな歌を、自分の好きなスタイルで、ましてフランス語みたいな、観客が誰もわからないような言語で歌いあげる。
こういうのは、少なくとも審査員が期待する歌唱ではなかったということだ。
でも、カラオケなんて、所詮、自分の楽しみで歌うものでしょ?
「全日本カラオケグランプリ」はオーディションではないんだから、審査員さん、ちょっと厳しすぎない?という気もした。
今回の「全日本カラオケグランプリ2009」関西大会の詳細について、まだ書きたいことはたくさんある。
来年参加してみようという方のために、今後、数回に分けて報告するので、こうご期待。
やれやれ。
これでやっと、またふつうに、自分の好きな歌をおぼえて、ビッグエコーに歌いに行く生活が再開できるよ。
ちーちゃん(=鬼束ちひろ)の歌を覚えなくちゃ。
しばじゅん(=柴田淳)の「Love Letter」も。
...
...
それにしても、あの真っ暗な舞台袖から、目もくらむような明るさの舞台に出ていく瞬間。
そして、舞台上でプロの音響設備でツーコーラスを歌いあげたこと。
これらを経験できただけで、もう、死んでもいい。この世に、思い残すことはない。
半分、本気でそう思っている。
こんど生まれ変わったら、女に生まれて、絶対に歌手になってやる!
(ちなみに今日の関西大会の入賞者は、全員、女性だった。参加者は男女ほぼ同数だったにもかかわらず...)