柴田淳の新曲『Love Letter』

本当は柴田淳さんのモバゲー日記に書き込もうと思ったけれど、ファンからの賛辞ばかりで書込みづらいので、こちらに新曲『Love Letter』の感想を。

2009/10/07発売の『Love Letter』、
まさか管楽器入りのフル編成オケとは。
ワンコーラスめの「失くしたもの…」で、ホルンがからんできた時点で鳥肌。
「朝日浴びたら…」で聞こえて来るフルートのロングトーンも尋常でなく胸に迫る。
大作映画の主題歌って感じ。
小学生のころ聴いた『交響詩 銀河鉄道999』の東海林修の格調高い楽曲を思い出させる。
本人が渾身の一曲と言うだけあり本当に素晴らしい曲。
ただ、敢えて書かせて頂くと…
今のJ-POPマーケットにこの曲を置くと、かなり時代錯誤な感じがする。
サビに、「あなたが死んでいっても」とか、「たとえ私が先に逝っても」とか、ただでさえ重い言葉があるので、ハープのグリッサンドまで鳴る編曲までやられると、それはやりすぎでしょう、と。
編曲があまりになめらかすぎて、歌詞を聞き流しそうになる。
ストリングスの音符も細かく刻み過ぎで、せっかくのしばじゅんの声が聞こえない。
たとえば...
最後のリフレインでしばじゅんの声が不意にリバーブなしになるとか、ドラムスの音が少しひずんでるとか。
個人的には『親愛なる君へ』の「小鳥と風」の塩谷哲氏の編曲くらいがちょうど良い。(管楽器はないが)
もし、同じ歌詞で、テンポが倍のグランジだったら、コアな音楽誌が放っておかない話題曲だろうなぁ。「どうした柴田淳!?」みたいな。
ええっ!
ネットで調べたら、柴田淳さんの『Love Letter』の編曲者の松浦晃久氏って、絢香『おかえり』『みんな空の下』等の編曲者で、中島美嘉『FOCUS』『MY GENTLEMAN』の作曲者なんだって。
信じられない。松浦晃久氏自身が管弦楽のスコアを書いたのか。
どうしてしばじゅんの『Love Letter』には、良く言えば「壮大な」、悪く言えば「こてこての」編曲をしてしまったのか
正直、理解できないのだが...。
※スタッフの皆さんの苦労を顧みず、勝手なことばかり書いて申し訳ありません。