「全日本カラオケグランプリ2009」関西大会に出場します

ビッグエコーの第一興商主催「全日本カラオケグランプリ2009」で、来る2009/10/12の関西大会に出場する88人のうちの1人に選ばれた。
誤解のないように書いておくが、これは日テレの深夜番組『歌スタ』と違って、オーディションではない。単に歌のうまい人が集まって優勝を競う大会だ。優勝したからといってレコード会社からお声がかかるわけではない。
ただ、過去、演歌部門では、『のろま大将』の大江裕さんや、『大漁まつり』を歌うあの小さな女の子、さくらまやさんが出場した大会でもある。
そういうレベルの歌唱力の方々と同じ舞台に立って、ちゃんとしたPAで、メルパルクホールのような大きな会場で歌えるだけでも、素晴らしい体験だ。
本当は中島美嘉か柴田淳か鬼束ちひろを歌いたいところだが、合格曲の『ラ・ボエーム~LA BOHEME~』(日本語では金子由香利、オリジナルのフランス語はシャルル・アズナヴール)をワンコーラスだけ歌うことに決められている。フランス語で応募したので、フランス語で歌う。
やっぱり、歌があれば生きていける。