阪急三番街alan無料ライブと鬼束ちひろ『私とワルツを』

「愛と苦悩の日記」の更新がとどこおっているのは、本人が死亡したからではありません(笑)。
今日も午前中は、全く動く気力なし。
日曜日なのに朝7時前に目覚める。
FMラジオをつけると、先日の衆院選で大量の候補者を立てた某宗教団体の番組。病的に明るい内容。
昼前に体をベッドから引きずり上げ、朝食兼昼食のカレーをかきこむ。
理由は、阪急三番街のalan(と平原綾香)の無料ライブに行くため。
とても仕事など出来るテンションではないけれど、短いライブくらいなら何とか聴きに行ける。
結局、先週は火曜、木曜と2日間、会社をお休み。
頭が冴えて、体が眠っているときがある。
体が眠って、頭が冴えているときがある。
頭も体も、眠っているときがある。
でも、頭も体も冴えているときがない。

平日、帰宅しても「愛と苦悩の日記」を更新する気力なし。
気力が残っていたら、今は鬼束ちひろの歌を覚えたい。
2009/9/2発売の17thシングル『陽炎』を歌って、YouTubeにアップした。
譜割りが比較的おぼえやすかった。
『月光』の他にもこんなに良い曲がたくさんあったんだ。
『私とワルツを』のサビなんて、鳥肌もの。
優しいものは とても怖いから
泣いてしまう 貴方は優しいから
誰にも傷が付かないようにと
ひとりでなんて踊らないで
どうか私とワルツを
(鬼束ちひろ『私とワルツを』より)