大阪a-nation’09に参戦

体調はあまり良くなかったが、薬でテンションを無理やり上げて、2009/08/29の大阪a-nation’09に行ってきた。
2年ぶり3回目だが、大阪は初めて。
ひとことで言えば、東方神起とMINMIのせいで、a-nationはまったく別物になっていた。
東京の味の素スタジアムと比べると、長居公園が広々していて、地下鉄御堂筋線・長居駅から、長居陸上競技場に入るまで、あまり混雑のストレスはなかった。
地下鉄駅の出口から、マスコットの巨大な青いクマさんを目指して歩いて行くと、まず、グッズ売り場とイベントスペースがあって、そこを通り抜けると、会場の入口になる。
a-nationの中身だが、出演者のせいかもしれないが、じっくり音楽を聴く場面が少なくなり、ますます単なるアゲアゲ・パーティー化していた。
そして、とにかく東方神起のファンの多さに驚いた。東方神起のグリーンのタオルを買って会場に入っていく観客が多いこと、多いこと。
a-nationの観客は半分以上が10代~20代の女性だが、過去のa-nationで見かけなかった40代以上の女性が散見された。彼女たちは東方神起ファンに違いない。
僕はステージからいちばん遠い、対角線上にある真正面のスタンド席で、10倍の双眼鏡を使ってもステージ上の歌手はよく見えなかった。
その代わり、競技場全体を見下ろせたので、会場全体の雰囲気をすべて体感しながら楽しめた。
いちばん驚いたのはMINMIだ。音楽性について、確かなバックグラウンドがあるとしても、はっきり言ってそんなことはどーでもいい。
とにかくバリバリの関西弁で、会場全体をアゲアゲにするためだけに現れた感じ。たしかに競技場全体がお祭り騒ぎになったし、a-nationのような夏フェスらしいといえばらしいのだが、「で?」という感じ。
あと、AAAでなぜあんなに盛り上がったのか、全く分からなかった。一方、GIRL NEXT DOORは意外に盛り上がらなかった。
alanは中盤になってようやく出演し、『レッド・クリフ PART II』主題歌と新曲の2曲だけを歌って静かに退場した。会場は温かい拍手。
個人的にはTRFで燃え尽きた感じ。『寒い夜だから・・・』はa-nationでは初めて演奏したらしい。他には定番の『EZ DO DANCE』、『BOY MEETS GIRL』など。
ふと考えると、すべて小室哲哉の楽曲なんだよなぁ。
最後の浜崎あゆみは、電飾キラキラのバスでアリーナを1周するという、毎回、同じ演出で、せっかくなので最後まで観ていくか、という程度。
以前は、大塚愛の『金魚花火』でぐっと来たりしたこともあったa-nationだが、今回は本当に単なるアゲアゲ・パーティーで、良いんだか悪いんだか。
終演後は例によって、座席区画ごとに、順番に退場。地下鉄・長居駅までの道のりも、長居駅構内も、東京・味の素スタジアム最寄りの京王線・飛田給駅ほどの混雑はなかった。
それに東京に住んでいた頃は、飛田給駅から自宅までさらに1時間半かけて帰る必要があったが、長居駅から自宅までは30分ほど。
こういう点は、やっぱり大阪の方が、Quality of Lifeは格段に良い。
また、a-nationの観客は上述のように若い女性が大半で、ガラの悪い兄ちゃんや中年男がいないので、行き帰り不愉快な思いをすることもない。
まぁ、夏の最後の思い出としては、そこそこ良かったんじゃないでしょうか。
ただ、ここまで東方神起一色になってしまったのでは、来年もa-nationに行くかと言われると、ちょっと...。