マイクロソフト、中国語入力ソフトでGoogleに完敗


中国語入力にMicrosoft PinYin IMEをお使いの方は、すぐにGoogleピンイン入力(中国語では「谷歌拼音輸入」)に切り替えよう。なぜもっと早く気付かなかったのか。
繁体字と簡体字の入力を、ショートカットキー(快捷鍵)で切替えられる方法をGoogleで検索して、Googleピンイン入力を見つけ、インストールしてみたら、Microsoft PinYinよりも数倍使いやすい。
どんな機能があるのか知りたい方はこちらの「Googleピンイン入力機能紹介」ページをご覧になるとよい。中国語だがだいたい分かると思う。僕がいちばん驚いたのは「筆画入力(笔划输入)」機能だが、詳しくは後で。
では、インストール方法と設定方法をご説明する。
(A-1) まずこちらの「谷歌拼音輸入法」ページで、右上の「下载谷歌拼音输入法」という文字をクリックして「GooglePinyinInstaller.exe」をダウンロードし、「デスクトップ」など適当な場所に保存する。
(A-2) ダウンロードした「GooglePinyinInstaller.exe」をダブルクリックする。
(A-3) 下図のような画面が出るので、左下の「我接受~」をクリックしてチェックマークを付けてから「次へ<(N)」ボタンをクリックする。 Googlepinyin001
(A-4) 中国語入力を使っているソフトウェアが起動中の場合のみ、下図のような警告が出るので、そのソフトウェアを終了させてから「次へ(N)」ボタンをクリックする。
Googlepinyin002
(A-5) 下図のようにインストールが始まる。
Googlepinyin003
(A-6) インストールが終わると下図の画面になる。下の方にある「我愿意发送统计~」は、Googleピンイン入力の品質改善に協力したいかどうかという意味。とりあえずチェック無しでよい。その下の「启动设置向导」は設定をすぐ起動するかという意味だが、設定は後で行うので、こちらもチェック無しで、そのまま「完了」ボタンをクリックする。
Googlepinyin004
以上でインストールは完了。次にMicrosoft PinYinを削除してしまう。
(B-1) デスクトップをクリックして選択した状態で、パソコンの画面右下隅に、日本語入力か中国語入力の言語バーが表示されている場所を、マウスで右クリックし、「設定(E)…」を左クリックする。
Googlepinyin005
(B-2) すると下図のような「テキストサービスと入力言語」画面が出る。「インストールされているサービス」の部分に「Microsoft PinYin IME」など、Microsoftの中国語入力サービスがあるはずなので、それをクリックして選択し、「削除(R)」ボタンをクリックする。
Googlepinyin006
この「削除」は、パソコンから完全に削除する意味ではなく、暫定的に使えなくするだけ。いつでも復活できるので、安心して削除してしまおう。削除したら「OK」ボタンをクリックしてこの画面を閉じる。

※2009/07/20加筆:僕のWindows Vista Home Premium環境だけかもしれないが、Microsoft PinYinを削除すると、PCを再起動した後、[Alt]+[Shift]キーでも中国語入力モードに切り換わらなくなる。またマイクロソフトの「陰謀」か?と疑いたくなるが、同様の現象が起こった方は、Microsoft PinYinを残したまま、上記の「テキストサービスと入力言語」画面の「詳細なキー設定」タブで、Googleピンイン(谷歌拼音输入法)への切換えショートカットキーを設定することをお勧めする。個人的には[Ctrl]+[1]に設定した。
※2009/07/21加筆:上述の現象だが、Windows XP SP3では起きなかった。Microsoft PinYinを削除して、Googleピンインだけを残した状態でも、[Alt]+[Shift]キーを押すと、ちゃんとGoogleピンインに切り換わる。どうやらWindows XPとVistaとで状態が異なるようだ。

次に、Googleピンイン入力(谷歌拼音輸入法)の設定をする。
(C-1) [Alt]キーを押しながら[Shift]キーを押して、中国語入力モードに切り替える。すると下図のように、Googleピンイン入力(谷歌拼音輸入法)の言語バーが表示されるので、歯車をクリックし、「属性設置…」をクリックする。
Googlepinyin007
(C-2) 最初は「拼音模式」の設定画面。各種入力方式の設定。最初の「拼音模式」の部分はそのままでよいだろう。個人的に「双拼」は使ったことがないのでよく分からない。「初始状态」の部分はGoogleピンインの初期状態の設定。
Googlepinyin008
「语言」は当然「中文」でいいだろう。
「全半角」は好みによるが、僕は空白を半角にしたいので「半角」を選択している。「标点符号」も好みによるが、僕は「中文标点」を選択している。
「启用模糊拼音」はピンインのあいまい変換機能。僕はOFF。
「启用智能组句」は学習機能(先読み変換)機能。ONの方が便利。
「启用输入历史」は学習機能(入力履歴優先)機能。ONの方が便利。
「在中文状态下可直接输入网址」は英語入力状態に切替えなくてもURLやメールアドレスが入力できる機能。これはONでもOFFでもいいだろう。
「启用智能纠错」はピンインの自動修正機能。正確なピンインの勉強をしたい人はOFFに、入力速度優先の人はONに。
「数字后的句号自动转换为标点」は中国語入力モードでも、数字入力した後の句読点を自動で半角にする機能。ONで問題ないだろう。
以上で「拼音模式」設定画面は終わり。
(C-3) 次に「外观」の設定画面。Googleピンイン入力の外観の設定。
Googlepinyin009
「每页最多候选字个数」は変換候補として表示される候補の数。
初期値の「5」ならこんな感じ。
Googlepinyin010
最大値の「9」ならこんな感じ。
Googlepinyin011
ちなみに「梁静茹」や「刘若英」など有名人の名前は、学習させる必要がなく、一度で変換される。新語などについては、辞書がインターネット経由で自動更新されるからだ。
「字体大小」は変換候補の文字の大きさ。
先ほどの例は初期値の「正常」の場合。試しに「小」にしてみるとこうなる。
Googlepinyin012
これらは好きなように設定すればよい。
「限制非单字候选项个数」は単漢字ではない候補数を制限する機能。普通はOFFでよいと思う。
「输入框跟随光标移动」は変換候補表示枠をカーソルの場所に合わせるかどうか。ONのままで良い。
「显示节假日徽标」は完全なお遊び機能。たとえばこれをONにして、「选择默认徽标…」ボタンをクリックし、「Google徽标之情人节」を選択して「确定」ボタンをクリックし、「適用(A)」ボタンをクリックすると、変換時の画面がこうなる。
Googlepinyin013
Googleの文字にハートマークがついて「情人节(バレンタインデー)」っぽくなる。...このままじゃ気持ち悪いのでもとにもどす。
次の「状态栏」は言語バーの状態の設定。普通はタスクバーの中に埋め込み表示させるので「显示浮动状态栏」はOFFにしておく。好みに合わせて設定するとよい。
「显示统计表盘」も完全なお遊び機能。これをONにすると画面右上に下図のようなメーターが表示され、毎分何語入力したか、自分の中国語の入力速度が分かる。
Googlepinyin014
以上で「外观」設定画面は終わり。
(C-4) 次に「按键」の設定画面。キーボード設定。
Googlepinyin015
「中英文切换」は中国語入力と英語入力の切り替えキー。Microsoft PinYinに慣れている人は「Shift」のままでよい。
「翻页」は変換候補のページ移動キー設定。[PageUp][PageDown]は当然使えるが、それ以外に「-」「=」や、「,」「.」でページ移動したい場合にチェックマークを入れる。使わなくてもチェックマークが入った状態のままで良いだろう。
「二三候选」と「以词定字」は申し訳ないが機能の意味が分からない。で無くても困らないので「不使用」にする。
次の「快捷键」はショートカットキー。自由に変更できる。
「显示/隐藏状态栏」はGoogleピンインをタスクバーに入れたり出したりするショートカット。
「显示/隐藏软键盘」はソフトウェアキーボードを表示したり非表示にしたりするショートカット。
「切换简/繁体中文」は簡体字と繁体字を切り替えるショートカット。初期値は「Z」だが、個人的には秀丸の別のショートカット機能と重複するので「Q」に変更して使っている。このショートカットがあるだけで、個人的にはGoogleピンインを見つけて良かったと思う。
「显示设置窗口」はこの設定画面の表示/非表示を切換えるショートカット。
以上で「按键」の設定画面は終わり。
(C-5) 次に「词典」の設定画面。辞書設定である。この画面は基本的にそのままで良い。
Googlepinyin016
辞書が自動更新される機能については、設定項目はないようだ。ちなみに、辞書が自動更新されると、こんなメッセージが出て来る。
Googlepinyin101
(C-6) 最後に「自动同步」の設定画面。Googleのサーバ経由でGoogleピンインの各種設定を自動同期する機能。ただし、日本語でいいので事前にGoogleユーザ登録が必要だ。
Googlepinyin017
Googleにユーザ登録して「自动同步(自動同期)」をONにすると、例えば職場のPCと、自宅のPCの両方で、自分がGoogleピンインに追加した単語や、自動学習の履歴が使えるようになる。とっても便利。これを使わないとGoogleピンインを使う意味があまりない。
「自动同步用户词典和设置」にチェックマークを入れると、Googleのユーザ名とパスワードを入力する画面が表示される。正しいユーザ名とパスワードを入れると、同期設定が完了する。
Googlepinyin018
その下の「我愿意发送统计信息帮助改进谷歌拼音输入法」は、Googleピンインの改良のために自分の入力統計情報をGoogleに送信するか。普通はチェックマークを入れず、OFFにしておけば良いだろう。
以上で「適用(A)」をクリックすると設定が完了。
最後に、今までに見つけた限りで便利な機能をご紹介しておく。
■「一键搜索(一発検索)」機能
Googleピンインで単語を入力し、決定せずに[Ctrl]+[G]キーを押すと、その単語でGoogle検索した結果がブラウザで表示される。いちいちGoogleのページを開いてキーワード入力しなくてよいので便利。
■「笔划输入(筆画入力)」機能
漢字は分かるが、読み方(拼音)が分からないときに使う機能。
「u」を入力した後に、漢字の筆順のとおりに次の英字を入力していく。
「―」(横棒)は「h」(横 héng)
「|」(縦棒)は「s」(竖 shù)
「/」(左払い)は「p」(撇 piě)
「\」(右払い)は「n」(捺 nà)
「Z」(折れ曲り)は「z」(折 zhé)
「、」(点)は「d」(点 diǎn)
例えば「撇」の読み方が分からないときは「uhshnps」あたりまで入力すれば、候補の中に「撇」が出て来る。
Googlepinyin019
以上、簡単だがGoogleピンイン(谷歌拼音输入法)をご紹介した。
谷歌拼音输入法の便利さに慣れると、まずMicrosoftの中国語入力は不要になる。