すでに死刑執行された第二の「足利事件」が存在!

足利事件で、DNA鑑定をやり直したところ、無罪が濃厚として、菅家さんが釈放された。
結局、取り調べて無理やり「自白」させられ、それだけのために17年半服役させられたということになる。
いや、まだ菅家さんは幸運だったと言える。
というのは、菅家さんと同じように、精度の低い昔のDNA鑑定と「自白」だけで有罪になり、すでに死刑が執行された人がいるらしいからだ。
ぜひ、すでに死刑が執行された人たちについても、DNA鑑定のやり直しをしてほしいものだ。
現政権の務大臣は絶対にそんなことは許さないだろうけれど、仮に今年の衆院選挙で民主党が政権をとったら、実現できるかもしれない。
万が一、DNA鑑定のやりなおしで結果が不一致になり、菅家さんと同じように、「自白」が唯一の証拠、無罪が濃厚になった人が、もう死刑執行されていました、となったら...。
検察や警察の信用は、完全に失墜するだろう。でもそうなったら、もっとも大きな損害をうけるのは、実は僕ら国民なのかもしれない。
まずは警察による取り調べの情報公開から実行すべきだろう。それも、司法取引やおとり捜査などの交換条件なしでだ。