グラビアアイドル一ノ瀬文香さんがレズをカミングアウトしたらしい

今日偶然NHK教育テレビ『ハートをつなごう』を見たらLGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー)がテーマだった。
前田健が何かいいことをしゃべっていたようなのだが、最後の5分くらいしか見られなかった。
そこで初めて知ったのだが、最近、グラビアアイドルの一ノ瀬文香さんという方が、自分がレズビアンであることをカミングアウトしたらしい。
主に男性の視聴者を前提とした職業であるグラビアアイドルが、同性愛であることを告白するのは、かなりの勇気が必要だったと思う。
ただ、残念ながら彼女のグラビアを見て「発情」する男たちのほとんどは、レズビアンに対して完全に誤った「妄想」を抱くだけで、彼女のカミングアウトも、ほとんど誤解されたままになるだろう。
LGBTは政治的マイノリティーで、一般の人が彼女ら・彼らに対して不寛容であるために、ストレートの僕らにはない種類の重荷を負わされている。
ストレートの人間たちにできることは、まずはLGBTに対する無理解や不寛容さをなくすように努力することだと思う。
まぁでも、男の僕が、本当は女性に生まれたかったと告白する程度で叩かれたり、中島美嘉の「LIFE」をカバーしたくらいで「キモイ」と言われたり。
トランスジェンダー的なものに対する、一般人の寛容さなど、その程度のものなんだけれどね。