Microsoft Office Project Server 2007の重大なバグ(3)

引続きマイクロソフト Office Project Server 2007のバグ(不具合)について、Microsoft Office Project Professional 2007とProject Web Access 2007を組み合わせて使った場合の不具合について詳しく説明したい。
I’ll continue explaining the “bug” of Microsoft Office Project Server 2007 when using it with the combination of Office Project Professional 2007 and Project Web Access 2007.
ひとことで言えば、プロジェクト管理者がOffice Project Professional 2007から「発行」したタスク割当の変更が、Project Web Access 2007の「プロジェクトセンタ」画面には反映されるが、「自分のタスク」画面には反映されない場合がある、という不具合だ。
We can summarize the “bug” as follows: when project manager “publishes” task assignment updates from Project Professional 2007, in some cases, the updates are applied only to “Project Center” but not to “My Tasks” of Project Web Access 2007.
ご承知のようにMicrosoft Office Project Server 2007は、プロジェクト管理者はOffice Project Professional 2007で詳細なプロジェクト計画を作成し、チームメンバーはProject Web Access 2007のウェブ画面から、各自の進捗を入力するという使い方を、通常の使い方として想定している。
As you know, Microsoft Office Project Server 2007 expects project managers use Professional 2007 for planning in detail while team members only use Project Web Access 2007 for checking and inputting the progress of each task.
その理由は、チームメンバー全員分のOffice Project Professional 2007を購入すると導入コストが高くなるし、インストール展開する作業工数も大きくなるためだ。
The reason is that if you have to install Project Professional 2007 for all team members, it will cost too much.
チームメンバーの進捗報告や新規タスク提案の作業が、Project Web Access 2007のウェブ画面だけで完結できるというのは、Office Project Serverの大きな「売り」である。
Team members only need Project Web Access 2007 for reporting task progress. That’s one of the advantages of implementing Office Project Server 2007 system.
ところが、チームメンバーが進捗状況を入力する唯一のインターフェースである、Project Web Access 2007の「自分のタスク」画面に、プロジェクト管理者からのタスク割当の更新が反映されないことがあるのだ。
However, the updates of task assignment published by project managers aren’t sometimes applied to “My Tasks” of Project Web Access 2007.
そしてマイクロソフトは、それがOffice Project Server 2007の「仕様」だと言っている。
Microsoft says it is “specifications” of Office Project Server 2007.
以下、詳細を説明する。
I’ll explain it in detail.
(A)プロジェクト管理者の田中さんが、チームメンバーの鈴木さんに、あるプロジェクトのうちの「タスクA」を割り当てたとする。タスクの期間や標準時間の設定は何でも良い。
(A) Ms. Tanaka, project manager, assigns “Task-A” to Mr. Suzuki, team member. Its duration and baseline hours can be whatever.
(B)チームメンバーの鈴木さんはProject Web Accessの「自分のタスク」画面から、「タスクA」の進捗を入力し、一時的に「保存」だけしておいた。ただ、他のタスクの進捗も入力してから、まとめてプロジェクト管理者に「提出」しようと思っただけである。
(B) Mr. Suzuki inputs his own task progress on “My Tasks” of Project Web Access 2007 and temporarily saves it. He just wants to “submit” his progress after finishing inputting all other task progresses.
(C)その頃、プロジェクト管理者の田中さんは、鈴木さんに対する「タスクA」の割り当てを変更したいと思い、Office Project Professional 2007で割り当てを変更し(例えばタスクの期間を変更するなど)、Project Server 2007に対して「保存」かつ「発行」したとする。
(C) At this moment, Ms. Tanaka wants to change “Task-A” assignment to Mr. Suzuki. So she updates the assignment by using Office Project Professional 2007, saves and “publishes” it to Project Server 2007.
(D)ところが、Office Project Server 2007の仕様上、その「発行」は、Project Web Access 2007側では「プロジェクトセンタ」のプロジェクト計画にしか反映されない。つまり、鈴木さんが「自分のタスク」で「タスクA」を開くと、依然として自分が一時的に「保存」した時のままの状態である。
(D) However, because of the specifications of Office Project Server 2007, the updates published by Ms. Tanaka are applied only to “Project Center” of Project Web Access 2007. Even when Mr. Suzuki opens “My Tasks”, “Task-A” still remains the same status as Mr. Suzuki temporarily saved it.
さて、以上のような動作は、プロジェクト管理の業務フロー上、適切な仕様と言えるだろうか。
Can this be appropriate specifications for project management workflow?
プロジェクト管理の業務フロー上、プロジェクト計画の変更権限はあくまでプロジェクト管理者にある。だからこそ、チームメンバーが「提出」したタスク進捗の更新は、プロジェクト管理者が「承諾」「発行」しない限り、「プロジェクトセンタ」のプロジェクト計画に反映されない。
Concerning project management workflow, the authority of changing project baseline plans belongs to project managers. That’s why the task updates submitted by team members will not be applied to “Project Center” until project managers “approve” and “publish” them.
であれば、(C)の段階でプロジェクト管理者が変更して「発行」したタスク割当は、Project Web Access 2007の「プロジェクトセンタ」だけでなく、「自分のタスク」画面にも強制的に反映されるべきではないだろうか。
If this is true, the task assignment updates published by project managers at step (C) should be applied not only to “Project Center” but also to “My Tasks” of Project Web Access 2007.
にもかかわらず、Office Project Server 2007の仕様上、プロジェクト管理者がProject Professional 2007を使ってProject Server 2007へ「発行」したタスク割当の変更は、Project Web Access 2007上では「プロジェクトセンタ」画面には反映されるが、「自分のタスク」画面には反映されないという、不可解な仕様になっている。
Nontheless the task updates published by project managers are applied only to “Project Center” and NOT to “My Tasks” of Project Web Access 2007. This is a strange specification of Office Project Server 2007.
また、チームメンバーにとって、自分に割り当てられたタスクに対する進捗を入力できる画面は「自分のタスク」画面だけである。
In addition, team members can input their own task progresses only through “My Tasks” screen.
その画面に、プロジェクト管理者が「発行」した最新の割り当てが反映されないのは、当然のことながら、チームメンバーにとって非常に不都合である。古いままの開始日・終了日・標準作業時間の割り当て状況を見つつ、進捗を入力するしかないのだ。
If “My Tasks” screen doesn’t show the latest updates of assignment which are published by project managers, that’s really annoying for team members because what team members can rely on when inputting their own progress are old task assignments, old start date, old finish date and old baseline hours.
They cannot refer to the updated task assignments, updated start date, updated finish date or updated baseline hours.
ただし、マイクロソフトによれば、この不可解な仕様には「回避策」がある。
それは以下のような手順である。
However, according to Microsoft, there is a workaround for this strange specifications of Project Server 2007 as follows.
(E)鈴木さんをふくむ全てのチームメンバーは、一時的に「保存」中で、まだ「提出」していない進捗入力を、とにかくいったん全て「提出」する。
(E) At any rate, all team members including Mr. Suzuki submit every progress which are not submitted yet.
(F)プロジェクト管理者の田中さんは、それらの「提出」内容が適切かどうかにかかわらず、全てを「承諾」かつ「発行」する。
(F) At any rate, Ms. Tanaka, project manager, approves and publishes the submitted progresses.
(G)そうすると、プロジェクト管理者の田中さんが先ほど「発行」したタスク割当の更新は、当然、チームメンバーが「提出」してきた進捗状況で全て上書き変更されてしまう。
(G) Then all the assignment updates which Ms. Tanaka input before by using Project Professional 2007 are overwritten by the approved and published progresses of all team members.
(H)それに構わず、プロジェクト管理者の田中さんは再度、タスクの割当を変更し、Project Professional 2007から「発行」し直す。
(H) Ms. Tanaka, project manager, inputs task updates again and publishes them with Project Professional 2007.
(I)こうすることで初めて、田中さんの発行したタスク割当の更新は、各チームメンバーのProject Web Access 2007の「自分のタスク」画面と「プロジェクトセンタ」画面の両方に反映されるのだ。
(I) By doing this, the task updates published by Ms. Tanaka are applied both to “My Tasks” and “Project Center” of Project Web Access 2007.
これがOffice Project Server 2007の仕様である。
These are “specifications” of Office Project Server 2007.
仮に、プロジェクト管理者の田中さんが、(F)の段階で、一部の「提出」を「承諾」ではなく「拒否」したとしよう。
Let’s suppose that Ms. Tanaka rejects some updates submitted by team members at step (F).
するとそれらのタスクについてだけは、(I)の段階でProject Web Access 2007の「自分のタスク」画面に「発行」が反映されなくなってしまうのだ。つまり先ほどの(D)と同じ状況になってしまう。
Then, only regarding the tasks whose update are rejected by project manager, even how many times project manager publishes task assignment updates, such publishements will never be applied to “My Tasks” of Project Web Access forever.
以上をまとめると、プロジェクト管理者が自分が「発行」したタスク割り当ての更新を、各チームメンバーのProject Web Access 2007の「自分のタスク」画面に反映させたい場合、以下の条件がすべて必要になる。
Let’s summarize what is described above. If project manager wants to apply every publishement of task assignment updates to “My Tasks” page of each team member, all the following conditions must be met.
(1)チームメンバーはタスクの進捗を入力したら、単に「保存」するだけでなく、必ず「提出」する必要がある。
(1) Every team member must “submit” all progress updates to project manager, not only “save” them as frequently as possible.
(2)かつ、プロジェクト管理者は、チームメンバーの「提出」した進捗入力を、その内容がいかに不適切であろうと、いったんは全て「承諾」し「発行」しなければならない。
(2) Project manager must “approve” and “publish” all the updates submitted by team members even if project manager finds some of the updates inappropriate.
(3)その上で、プロジェクト管理者は、(2)においてチームメンバーの「提出」を「承諾」「発行」したことで、ぐちゃぐちゃになったプロジェクトファイルを、自分の想定の内容に変更し直して、改めて「発行」しなければならない。
(3) By doing so, the project file will inevitably become a ‘mess’ because project manager must “approve” and “publish” all the updates submitted by team members even if some updates are clearly inappropriate. Then project manager must correct every inappropriate point one by one and, in addition, must update task assignments just as the project manager originally wants to make them so.
さて、もしみなさんがプロジェクト管理者の立場だとしたら、Project Professional 2007上で、いったい何が自分の想定するプロジェクト計画だったのか、そのうち分からなくなってしまうに違いない。
By the way, if you are a project manager using Microsoft Office Project Server 2007, you will be inevitably thrown into a mess where you cannot see what was your original task assignment plan.
以上のようなMicrosoft Office Project Server 2007の「仕様」を、バグ(不具合)と言わずして何と言おうか。
Regarding such a strange “specification” of Microsoft Office Project Server 2007, why don’t you call it “bug”?