Microsoft Office Project Server 2007の重大なバグ(2)

マイクロソフトのMicrosoft Office Project 2007というのは、なかなか優れたアプリケーションである(もちろん皮肉だ)。
Microsoft Office Project 2007 is an excellent project management application.
例えばあなたがあるプロジェクトのチームメンバーになっていて、以下のような「タスクA」を割り当てられていたとしよう。
For example, you are a member of a project and “Task-A” as follows is assigned to you.
2009/04/27 Baseline(標準) 4 hrs / Actual(実績) 0 hrs
2009/04/28 Baseline(標準) 4 hrs / Actual(実績) 0 hrs
あなたは本来「タスクB」の実績作業時間として入力すべき時間を、誤って「タスクA」の実績作業時間として入力し、「保存」てしまったとする。入力はProject Professional 2007からでも、Project Web Access 2007からでもよい。
But you happen to make a mistake. You input actual hours of “Task-B” into “Task-A” and save it. Input can be done through Project Professional 2007 or Project Web Access 2007. The results are the same.
ただし、まだ「提出」もしていないし、プロジェクト管理者による「承諾」「発行」もされていない。
You indeed saved the wrong actual hours but don’t submit them to project manager yet. So project manager, of course, doesn’t approve or publish them yet.
2009/04/27 Baseline(標準) 4 hrs / Actual(実績) 4 hrs
2009/04/28 Baseline(標準) 4 hrs / Actual(実績) 4 hrs
結果として当然のことながら「タスクA」の残存作業時間は0時間になる。
As a result, remaining hours of “Task-A” becomes 0 hours.
入力ミスに気付いたあなたは、「タスクA」の実績作業時間を2日間とも0時間にもどして「保存」する。まだ「提出」はしない。
After saving them, you notice you made a mistake. So you input 0 hours as actual hours for the two days of “Task-A” and save them.
すると、驚くべきことに「タスクA」は自動的に下記の状態になってしまう。
Now let’s watch carefully the results. “Task-A” automatically turns into a strange status as follows.
2009/04/27 Baseline(標準) 0 hrs / Actual(実績) 0 hrs
つまり、「タスクA」は2009/04/27(月)に設定された「マイルストーン」(=標準作業時間が0時間で、作業期間が1日のタスク)に自動的に変わってしまうのだ。
This means that “Task-A” automatically turns into a “milestone”, i.e. a task with no baseline hours and 1 day duration. And the assignment of 2009/04/28 disappers.
プロジェクト管理者は「提出」を受けていないので、「タスクA」が自分の知らないところで「マイルストーン」に自動的に変わってしまっていることに、当然気付かない。
Project manager hasn’t got the “submission” of this automatic change yet. So the project manager doesn’t even notice this strange phenomenon yet. This means any “task” can turn into a “milestone” without Project manager’s approval.
マイクロソフトによれば、これがMicrosoft Project 2007の「仕様」だというのだ。
According Microsoft, this is the “specification” of Project 2007.
さて、プロジェクト管理者のあずかり知らないところで、チームメンバーが単に自分の実績作業時間の入力ミスを修正しただけで、任意のタスクが「マイルストーン」に自動的に変換されてしまう。
By the way, any “task” can change into a “milestone” simply because a team member tries to correct input mistake.
これはプロジェクト管理業務上、適切な動きと言えるだろうか。適切な動きは以下の通りのはずだ。
Can it be an appropriate workflow in a normal project management?
I think the appropriate project management workflow must be as follows.
つまり、チームメンバーが入力ミスに気付いて、「タスクA」の実績作業時間を0時間にもどして「保存」したら、「タスクA」は最初の状態、つまり、
If the team member notices his/her mistake in inputting actual hours of “Task-A”, corrects actual hours into 0 hours and saves them, then the “Task-A” must go back to the original status as follows.
2009/04/27 Baseline(標準) 4 hrs / Actual(実績) 0 hrs
2009/04/28 Baseline(標準) 4 hrs / Actual(実績) 0 hrs
こういう状態にもどるのが、適切な動きではないだろうか。
ところがMicrosoft Project 2007の「仕様」では上述のように、
Don’t you think this is the appropriate “specification” for a project management application? However, when you use Microsoft Project 2007, if you make a mistake as described above and correct it, then the task will automatically change into a “milestone” like this.
2009/04/27 Baseline(標準) 0 hrs / Actual(実績) 0 hrs
こういう具合に勝手に「マイルストーン」に変換されてしまうのだ。
これを「バグ」と言わずしてなんと言おう。
Why don’t you call this a “bug” instead of “specification”?
マイクロソフトProject 2007は素晴らしいプロジェクト管理アプリケーションである。
Microsoft Project 2007 is an excellent project management application.