スタジオゲストに反応を強要する下品なバラエティー番組

最近のテレビのバラエティー番組で、本当にイライラするのは、出演者に強引にリアクションを取らせる番組が多すぎることだ。
例えばチラッとしか見たことがないが、日本テレビの『誰も知らない泣ける歌』。出演者を強引に泣かせる、見るに耐えない下品な番組。
なぜスタジオ出演者なしで、ただビデオだけを紹介する放送内容にしてくれないのだろうか?
それからフジテレビ『爆笑レッドカーペット』。お笑い好きの僕はこの番組はよく見るのだが、ネタが終わった後の「満点大笑い」などの審査部分が完全に余計だ。
お笑いのプロでも何でもない普通のタレントに、お笑い芸人のネタの審査をさせても全く無意味なので、ただネタだけを見せてもらえればいい。
同じフジテレビの『とんねるずのみなさんのおかげでした』の「細かすぎて伝わらないものまね選手権」で、とんねるず、関根勤、くりぃむしちゅーの有田がコメントするのは、彼らがキャリアのあるお笑い芸人なので、まだ意味がある。
逆に『イロモネア』は、ランダムに選ばれた素人の観客の、ウソのないリアクションなので、これはこれで意味がある。
とにかくスタジオゲストに、無理やり泣く、笑う、盛り上がるなどのリアクションをとらせる演出のバラエティー番組は、ただただ下品で見るに耐えない。
なぜ最近、こういう番組が流行るのだろうか。