局アナが番組を終えることを「卒業」と呼ぶテレビ局の自己満足

局アナが何年か担当していた番組を終えることを「卒業」と称し、初登場から始まって過去の放送回をふり返り、花束をわたして、女子アナは号泣して、そういう単なる自己満足の演出を民放各局はいい加減やめたらどうか。
そんなことをやっているから、視聴者の可処分時間をYouTubeに奪われるのだということを、テレビ局の社員たちは一体いつになったら気づくのだろう。下らなさの極みだ。
以上、今朝『めざましテレビ』をたまたま見ての感想。