DMMの郵送CDレンタルを使ってみた

DMMの単品CDレンタルを初めて利用してみたのだが、期待したほど印象は良くなかった。
僕がレンタルした商品は最も借りにくい「星1つ」だったからかもしれないが、商品を予約したのが01/09、商品発送のお知らせが01/19で10日間も待たされたことになる。
商品が届いたのが01/21、商品を郵便ポストに投函したのが01/22、DMMで返却日と見なされたのが01/23、返却期限が01/27。
ちなみにレンタル料金は送料込みで240円。ただし普通の封書と同じ90円の郵便で送られてきて、返却時もあらかじめ90円の切手が貼ってある封筒で返送する。
僕は東京都内に住んでいるので返却日数は2日。つまり01/25に投函しないとダメ。商品が届いた日と返送日は、実質的に借りたCDを楽しめないとして、レンタルして楽しめる日数は、実質3日間。

まとめると、レンタル日数が実質3日間で240円。延滞料金が1日あたり210円。今回借りたのは旧作なので、TSUTAYAの店舗でCDを借りるのに比べると、かなりシビアな条件だ。
感覚的には、商品が届いたら、PCで音楽ファイルに変換して、ラジカセで聴いて楽しむ間もなく、翌日には返却しなければいけないといった感じ。
ただ、同じ作品をネットダウンロードで購入すると1,500円以上かかるので、安く上がったことには違いない。
1曲だけ欲しければ、確実にネットダウンロードを選ぶだろう。アルバム1枚欲しければ、コスト面でDMMを使う意味はあるかもしれないが、10日も待てるかどうか…。
DMMの郵送レンタルは、派手なテレビCMの割りには、使いたくなるか、使いたくなくなるか、微妙な線のサービスだ。
ちなみに僕が借りたのはCOLDFEETのLori Fineのアルバム『FOOTWORKS』だった。