ビッグエコー店舗による録音音質の差異について

ビッグエコーの店舗で、伴奏、マイク、エコーの数値をどういうバランスにすれば、後から自宅のPCでダウンロードして、ボーカルが適切なレベルになるか分かってきた。
WMA形式でダウンロードした後は、シーケンスソフトでゲインをかけ全体の音量を上げると、YouTubeにアップしたときに聴きやすくなる。
ただ店舗によって音質が違うのが問題。
※ここからは「男が歌った中島美嘉など聴きたくもない」、「他人の下らない自己満足に付き合っている時間はない」という方は読み飛ばして欲しい。
ある店舗で録音したこの曲は、高音が比較的クリア。

別の店舗で録音したこの曲は、かなりくぐもった感じになっている。

いずれにせよ、ビッグエコーの「DAM★とも」は、自分でも吐き気のしそうな自己愛を満足させるのに、最適なサービスであることに違いない。