公務員はクビを切られていい理由って何?

民間企業の非正規雇用者削減で、マスコミは大企業批判をすると同時に公務員削減キャンペーンをやっている。
ただ、当面の景気への悪影響という点では、民間企業が人員削減しても、お役所が人員削減しても大差ない。
それに公務員だって仕事を失えば路頭に迷う点では、民間企業の社員と同じだ。
社員をクビにする民間企業は許せないが、公務員はどんどんクビを切れと言わんばかりのマスコミや多くの日本人は、自分自身の二重規範ぶりを自覚して、あえてそう言うのだろうか。
ならば、民間企業の社員の雇用確保は重要だが、公務員の雇用確保はどうでもいいと考えるその根拠を示してほしい。
公務員は自分たちの税金で雇っているようなものだから、クビを切る権利は自分たちにあるとでも?
一般人のこの公務員に対するルサンチマンは何なのだろう。正直言ってすべての公務員を無差別に既得権者扱いする世論の根拠が理解できないのだ。誰か教えてくれないだろうか。