「羞恥心」で親友と私腹を肥やす島田紳助

「羞恥心」が売れると、『完全無欠のロックンローラー』の一発屋・高原兄(作曲)と島田紳助(作詞)に印税が入るだけだと分かっている人ってどれくらいいるのだろう。
高原兄が起用されたのは、島田紳助と旧知というだけの理由だ。公共の電波を親友との金儲けに私物化しながら、『クイズヘキサゴン』で「羞恥心」他、ヘキサゴン・ファミリーの歌う自作の曲を自画自賛する島田紳助を見ていると反吐が出そうになる。
島田紳助はフジテレビで私服を肥やしている罪滅ぼしのために、日本テレビ『行列のできる法律相談所』でカンボジア学校建設プロジェクトをやっているのだろう。
この種の公共心のかけらもない人物をもてはやす日本の衆愚は、そうとう深刻だと考えてよい。

「羞恥心」で親友と私腹を肥やす島田紳助」への0件のフィードバック

  1. 名古屋人伝説。税理士バッキーの日記帳

    一発屋じゃなかった高原兄

    おバカキャラで大人気となった三人組「羞恥心」が、電撃解散するとの報道が流れ大きな騒ぎになっているらしいが、管理人が驚いたのは別のこと。 羞恥心やPabo、アラジンの作曲を手がけていたのが、あの伝説の一発屋で有名な「元祖アラジン」を率いた高原兄だったとは。 知らなかった。 「アラジン」と聞いて、『クイ…