『ホームレス中学生』は何とあの古厩監督作品!

芸人が書いた自伝小説が原作の映画なんて観る価値なし!と思っていたのだが、何と映画版『ホームレス中学生』は、あの古厩監督の作品ではないか。
古厩監督とは、言うまでもなくあの名作『この窓は君のもの』(1995年)の監督で、後に長澤まさみ、小栗旬、伊藤淳史、塚本高史という豪華キャストで、全国高校ロボット競技大会を題材にした『ロボコン』の監督としても有名(でもないか)。

映画版『ホームレス中学生』も、DVDが出たらTSUTAYAで借りて観ることにしよう。きっと長回しでじっくり見せてくれるシーンが満載に違いない。(劇場に行きたいところだが、何しろ自分で自由に使えるお金を絞られているので仕方がない)
なお『この窓は君のもの』はケーブルテレビの日本映画専門チャンネルで、2008/11/10(月)20:00~、2008/11/18(火)12:00~放送される。まだ観ていない方はぜひこの機会を逃されないように。