夢の中で号泣する僕自身


昨晩、久しぶりに夢の中に、小学校から高校まで付き合っていた人、正確に言えば恋人として交際していると僕が一方的に思っていた人が登場した。
我昨天晚上在梦里好久没见过去的女朋友。我和她从小学到高中谈恋爱。正确地说来,我还以为和她谈恋爱。
縁起でもない話だが、彼女の通夜に参列している夢だった。人目もはばからず冷たくなった彼女の顔を抱きかかえて僕は号泣していた。
真是不吉利,不过在梦里她死了,我为她灵前守夜。然后也不管别人看见没看见就我抱着她的头,大声哭了起来。
久しぶりに彼女の顔をじっくり見つめたが、たしかにこんな顔だったと納得させられるほど真に迫っていた。そして老け具合も現実的で、相変わらず美しく長い黒髪も本物のようだった。
虽然好久没见她的脸,但是我发现她确实是这样的。当然比过去她显得有点老。长黑色的头发还是真油亮。它很真实。
号泣している僕を背後から見つめているもう一人の僕がいて、眠りながら本当に泣きそうになってしまった。
另外的我从背后凝视这个大声哭的我。我一边睡着一边差一点哭起来。越来越珍惜美好的回忆。