自作動画『鶴山台への旅』をYouTubeに掲載

先日、僕が小学生時代を過ごした大阪府和泉市の鶴山台団地に住んでいたという方からメールを頂いた。
少し年上の男性で、この「愛と苦悩の日記」で公開した自作の動画『阪和線の車窓から~鶴山台への旅』について、「BGMも最高で何度観ても涙がでます。いい作品をありがとうございます」というご感想を頂いた。
そこで、他にも鶴山台に思い出のある方があるかもしれないと、2006/12に撮影した28分間の動画を分割してYouTubeにアップロードした。
僕がこの動画に、久保田早紀やタテタカコなど、かなり感傷的な音楽をつけたのは、鶴山台に忘れがたい初恋の思い出があるからだ。団地の中を歩くと、そこかしこに初恋の人との思い出の場面が浮かぶ。
実は動画の中で、初恋の人の自宅の前を歩いている部分もある。万一人生に行き場をなくし、行き倒れるしかなくなったら、鶴山台の中のどこかの児童公園でブランコを漕ぎながら死にたいとさえ思う。
無関係な方にとっては単に退屈な映像だが、以下に埋め込んでおく。鶴山台の部分だけを見たい方は二つめの動画からご覧になるとよい。