偶然出くわした中古レコード販売イベント

alanさんのライブ会場の真裏で、たまたま中古CD,DVD販売イベントをやっていた。意外にも中古アナログレコードも販売していたので、探してみると薬師丸ひろ子の『セーラー服と機関銃』が見つかった。
Hirokoyakushimaru
小学生のころ、自分で買ったEPを思い出した。ジャケットには左頬の小さな傷口から少しだけ血を流した、ベリーショートの薬師丸ひろ子。そしてB面は、そうだ。そうだった。「あたりまえの虹」だ。あの頃、「あたりまえの虹」を聴いたときの胸の切なさがよみがえってきた。
その他にもピンクレディー、キャンディーズ、おニャン子クラブのレコードがたくさん見つかった。不思議とプレミアなしの手ごろな価格だったので、10枚なり買い込もうかと余程思ったが、わざわざそのためにアナログプレーヤーを買うだろうかと、思い直してあきらめた。
ジャケットの薬師丸ひろ子は、信じがたいほど愛らしい。あの頃は二度と戻らない。なぜ人生は少しずつ美しくなる代わりに、少しずつ醜くなっていくのだろうか。