alan『懐かしい未来』の旋律が分かりやすい理由判明

alanさんの『懐かしい未来 ~longing future~』を初めてYouTubeで聴いたとき、平凡な旋律だなぁと物足りなく思ったのだが、2008/07/02のCD、DVDリリースを見て「なるほど!」と思った。
いまalanさんの公式ウェブサイトに行くと、この曲の合唱用楽譜がダウンロードできて、リリースされたCDには子供たちの合唱版が収録されているのだ。そして特別授業や全校集会などで、alanが一緒にこの曲を歌いますというプロモーションまでやっている。
だからわざと歌いやすい旋律に作曲してあったのだ。ここまで考えているとは思わなかった。さすがavexのプロデューサ、考えることが違う。これがプロの仕事というものなのかと、しきりに感心する僕であった。