かなり笑えるジェイド・インさんのブログ記事


以前から個人的に応援しているジェイド・イン(Jade Yin)さん、2008年2月にカバーアルバム『七彩音色』で日本デビューを果たした中国人女性歌手だが、彼女が個人のブログに書いてある雑文がかなり面白い。当然ながら中国語だ。
本当は全文を試訳したいくらいなのだが、無断転載は失礼にあたるので控えておく。
昨日の記事では、先週、江南布衣というブランドのTシャツを買って、すごくお気に入りで、毎日のように着て出かけていた。ところがスーパーに買い物に出かけたときに死にたくなるほど恥ずかしいハプニングが...というお話が書かれてあった。
純粋に中国語の勉強になる表現もたくさんある。「于是(そこで)」、「居然(なんと)」、「为防万一(念のため)」、「一开始(はじめから)」、「我一惊,低头一看」の「一」の繰り返し、「没露什么不该露的地方」での関係代名詞としての「什么」の使い方、「到如此地步(ここまでひどく)」など。
それから、僕はまだ中国語の細かいニュアンスまで分からないのだが、何となく笑える表現がたくさんある。「爆开」の「爆」や、「有一定关系滴」の「滴」、「挑着挑着就忘了」の「挑着」の繰り返し、「手忙脚乱」、「逃也似的」、「回到家第一件事」などなど。
僕のつたない中国語力で想像するに、ジェイド・インさんは軽快なリズム感のある文章を書くのが上手いのではないだろうか。
ところでジェイド・インさんがお気に入りだというTシャツのブランド「江南布衣 JNBY」は、どうやら中国では一定のステータスがあるようだ。デザインはシンプルで色づかいはモノトーンが多いので、日本で言えばコムサっぽい感じだろうか。
こういうブランドの選択からも、ジェイド・インさんのセンスの良さがうかがえる。そもそも彼女の撮影した写真の構図の素晴らしさを見れば、その審美眼が尋常でないことは十分に理解できる。聴覚だけでなく、視覚においても美的感覚が優れているということなのだろう。