コンテンツ規制も「お上」頼り、民度の低い日本人

日本人はいつになったら「政府依存症」を卒業できるのか。最近、美少女アダルトアニメ・ゲーム規制、有害サイト規制など、コンテンツ規制関連の法案提出が活発だ。
何でも政府に規制してもらわないとダメなのか?日本人には、自己責任で情報の選別をするぞという、自立した自由な市民としての判断力も気概もないのか?
そりゃ、何でも政府に規制してもらえば楽だろう。でもそのために自分たちがいかに重要なものを失うか、将来、今度は自分たちが自由に物を言えなくなるかもしれないという危険性を想像できないのか。
映画『靖国』の上映自粛問題にしてもそうだが、自分から「自由」をあっさり捨て去るとは、日本人の民度はますます低下しつつあるようだ。