船場吉兆批判は貧乏人のひがみ?

高級料亭「船場吉兆」が食べ残しの使い回しを隠蔽していた問題、マスコミも一般大衆も総攻撃だが、実際に船場吉兆で高額な食事をした人間が何割いるのか。
昨年の偽装問題後もなお、船場吉兆の営業再開時に「応援」に駆けつけた顧客は、そもそも高級料亭の看板で虚栄心を満たすことしか能がない富裕層で、彼らにとって法令遵守などクソくらえなのだ。
船場吉兆のような高級料亭は、元来そういう倫理観の乏しい富裕層を中心に商売しているのだから、僕らのような一般大衆がいくら非難したところで、船場吉兆の社長や顧客からすれば「貧乏人のひがみ」程度にしか見えないだろう。
日本はれっきとした階層社会で、法律もへったくれもない特権階級の世界が存在する。それだけのことだ。いくらマスコミや「企業リスク管理の専門家」が叩いたところで、船場吉兆はつぶれやしない。
船場吉兆がつぶれたって、第二、第三の「船場吉兆」は今も食べ残しの使い回しをしながら営業しているに違いないのだ。