高校同窓生のメーリングリストと自分の「不安」

高校時代の同窓生のメーリングリストが去年の秋にできて、参加しているのだが、テレビで取り上げられるような華々しい活躍をしている人、着実に実績をあげている人、近況報告を読むにつけ、自分が人生を台無しにしていることを実感する。
そのメーリングリストには、嘘ばっかりの無難な近況報告しかしていないので、いっそのこと20歳のときの「事実」や、いま僕が抱えている「問題」も告白しようと思ったが、バカらしくなってやめた。
成功している人間を妬むのは愚かしい。自分の人生を蔑むのも愚かしい。
でも年々昂じてくる僕の「不安」が、拭い去りようのないものであることも事実だ。