サントリー烏龍茶テレビCM「ウーロン茶天使登場」篇

サントリー烏龍茶のテレビCM、今流れているのは「ウーロン茶天使登場」篇という題名らしいが、サントリーのWebサイトで60秒版を観ることができる。僕の好きな中国語表現が登場するので取り上げた。
あのテレビCMは2006年から姉妹の設定になり、妹の名前は一声で日本語字幕は「トントン」だが、CMの音声を聞く限り有声音(tongtong)には聞こえないので、たぶん「冬冬」ではないかと思う。
そして隣の部屋の女の子の名前は日本語字幕では「ジンジン」となっていて、CMの音声を聞くと一声なので、『地下鉄の恋』のヒロインと同じ「晶晶」ではないかと思う。
晶晶:你好。我是隔壁的晶晶。
冬冬:我是冬冬。
晶晶:甜甜圈儿。吃吗?
乌龙茶天使:吃吧。不用客气。是你的好朋友,冬冬。
冬冬:谁啊。。。
晶晶:怎么了?
冬冬:那还是吃吧。
このうち日本語字幕に現れないのは「ウーロン茶天使」の「不用客气」という台詞。ところで僕の好きな表現は「隔壁的」の部分。日本語字幕では「相部屋の」となっているが、文字通り「壁を隔てた」という意味。日本語にはない表現なので気に入っている。