alan中国語ブログ試訳:2007/12/02


やはり昨日は高崎まで行くのは無理だった。都内からでは時間がかかりすぎ、夜の予定までに都内に戻って来れそうになかった。alanさんの日本語ブログに掲載されている写真を見ると、alanさんが来ると知って集まった方々は、おそらく50人くらいと思われる。ただ通りすがりの人が彼女の歌声を聞いて「おっ!」と思い、応援の輪が広がれば良いと思う。
今日も中国語の勉強のためにalanさんの中国語ブログを日本語訳する。実は今日翻訳した前日の未明、2007/12/01 02:09:21の記事は、alanさん自作の詩なのだが、今の僕の中国語力ではニュアンスを正確に翻訳できず、あきらめた。
「私は修行を千年続けている一匹の白狐」という比喩がとても魅力的で、何とか翻訳したかったのだが、誤訳で原文の素晴らしさを損ないたくないのでやめておく。
2007-12-02 22:55:24
私と皆さんの願いは同じで、毎日が希望に満ち、陽光に満ちることです。。困難や挫折に出会っても恐れたり、しり込みすることはありません。実際私たちはみんな孤独を恐れています、でも自分の夢と理想を考えさえすれば、今のすべては価値のあることだと感じられます、私はとても幸運です、なぜならたとえ孤独でも、前進するのが困難でも、こんなにも多くの人たちが応援し、関心を持ち、守ってくれるからです、私と同じように祖国を離れた多くの人々のことを思えば、特に私と同じ年齢の留学生のことを思えば、彼らも家族にまだ可愛がられてもいい年齢なんですから。。でも今は、彼らも異国にあって努力し、奮闘しています。。でも私と比べれば、私は幸運すぎると思っています。。少なくとも私は自分の学費のためにアルバイトをしなくてもいいし、部屋代が払えず途方に暮れることもないし、公共交通の混雑にもあわなくてすんでいます。。だから私は幸運です。。。異国の地にいる世界中の留学生が万事順調であるように祈らずにいられません。。
一昨日書いた詩についての、皆さんのメッセージに感動し、とてもうれしかったです~~~、あんなにも私の文学の才能をほめてくださってありがとうございます。。はは。人生の道は長く、皆さんが私といっしょにずっと歩いて下さるかどうかにかかわらず、私は心から皆さんに感謝します、皆さんが私のためにして下さる全てに感謝します。私はただ皆さんの記憶の中に、阿蘭が皆さんの一つの素晴らしい記憶として留まり、皆さんが微笑みながら阿蘭を思い出し、皆さんが阿蘭と阿蘭の歌声を覚えていて下さることだけを望んでいます。。そういうことです。
しばらく我慢をすれば、ほどなく私は私の新曲を携えて中国に帰って皆さん一人ひとりに歌を捧げられるでしょう、当然今のデビューシングルも含めて、私は保証します!来年!来年です。シングルだけでなく、アルバムも。。良い歌をたくさん。。ほどなく皆さんを驚き喜ばせますよ。(この2か月は)その上爆発的な驚喜なので、皆さん必ず壁を支えにしてしっかり立ってて下さいよ…..ふふ(私が成功したらの話ですが)、お休みなさい(私はまた運動してきます。)
(※訳者注:最後の「运量运量」は意味不明。「运量」は普通「輸送量」の意味。ネットワークでは「通信量」の意味にもなる。ここは自分が太っているという冗談で、運度することを重いものを運ぶと言っているのか、ウェイトトレーニングの意味なのか)