alan中国語ブログ試訳:2007/10/27

ひきつづき中国語の勉強のためにalanさんの中国語ブログを日本語に翻訳する。今回は同じ日付の未明と夜おそくの日記だが、未明の方にまったく意味のわからない箇所があり、その部分は省略する。僕が理解できない部分は、おそらくやや感情的に書かれた部分なので、かなり中国語を勉強しないと正確にニュアンスを読み取れないものと思われる。
alanさんの一つの願いとして、故郷に小学校を建てることと書かれているのが興味深い。本当にまじめな人なのだなぁと思う。そして立て続けの取材にうんざりしている様子も正直に書かれていておもしろい。
2007/10/27 01:07:31
今日はとても楽しかったです。同時に今までにないプレッシャーを感じました。今日も何か言われたかですって?まだ…削除されていないようだって??
でも会社の人はやっぱり何か言い出しますよ…(笑)
今日は朝5:30に起床(北京時間4:30)まず蚊と大戦して、つづいて勉強用CDと読書。当然山のような宿題もあります。朝家庭教師と狂ったように勉強しました。午後は少し資料に目を通しました。撮影..仕事…こんなリズムにも慣れて..恐いのは止まってしまうこと…一人..やっぱり一人…どうしようもありませんね??(笑)
今日はとても楽しかったです。こんなに楽しかったのは久しぶり。夜は会社の会食が楽しくて..私のTMチームと関係者数人全員が参加し、私の1か月を切ったDEBUTのために激励し、鼓舞してくれました~~~!こういう環境で心はますます落ち着かなくなってきます…誰も私の心の中の世界は分かりません。ほとんど一人として私を本当に理解しないでしょう…広告が日本の大通りに一つまた一つと掛かっていて…これって私??そういうものを見てもそれほど興奮はなくて逆にもっと…もっと何なんでしょう???自分でもわかりません..
私は今日本で自分の歌のことを進めています….苦しいことは言えず辛いことも言えません、私は自分の仕事を強く愛していて、言葉の上の障害を今克服していることを除けば、すべて愉快です..すべて私の想像していたよりも早く進んでいます…やっぱりときどき驚き喜ぶことが多くなってきます…
もの思いにふけるときもあるし、しみじみした感じになることも..しかたありません。海外生活する一人の歌手なら耐えなければいけないことはたくさん…たくさんあります…今思い返してみるとあれだけいろいろなことに耐えなければいけなかったんですよ?過ちを犯すのもしかたありません。これからは自分でうまくいけばそれでOKです..それほどたくさん話したくありませんし…自分で言ったことをちゃんと覚えておきます。「知りません!!!…!!」
私の望みはこの世界が愛と平和に満たされることです…私の願いは将来故郷にたくさん希望小学校(※訳者注:寄付金で立てられる小学校のことで、中国各地の経済困難地域にあるらしい)を建てることで、助けを求めている人がいれば助けに行きます…できるだけのことはします..できる限りのことをやります…たくさん持っていればそれだけたくさんの力になれます。たとえ少しの力にしかならなくても..それでも行って何かすることはできます..しかも私は自分の望みが必ず実現すると固く信じています…!
私のために祈ってくれる人..私を愛してくれる人…私を黙々と応援してくれる人..みなさんありがとう….
私は私…誰も私に変われません..どんなことでも力を尽くせば完璧にできます。根も葉もないうわさなんて笑ってやり過ごしましょう..いったい誰が私の心に波風を立てることができるでしょうか??(笑)
(※訳者注:ここから先はほとんどニュアンスが理解できなかったので省略する)
2007/10/27 23:39:44
今日は得がたいお休みの日。でも結局まれにみる暴風雨で台無しです…ほんとにもう….
でもぶち壊しになるのも悪くありません。一人で家にいて..静かにいろいろ考えたのは久しぶりでした…頭の中のゴミを一掃して…
カーテンを開き…ベランダの戸を開いて…音楽をかけながら…床の上にあぐらをかいて…両目で真正面を見て..窓の外をじっと見つめながら….大雨を見つめながら…何を考えたんでしょう?自分でもわかりません。ただ心はとても平静な感じでした…
9時になって雨が少し弱まりました。お腹がすいてしかたなくなって同僚と魚頭火鍋を食べに行きました。(本当に寒くて、ダウンジャケットを着たくてたまらなかったのですが、主に台風がとても恐かったので、残念ながら持って行きませんでした)そこは私がいつも行っている中華レストランです。六本木と私の先生の録音スタジオの間にあります…コックはみんな中国人です。私の好みを知っていて唐辛子をたくさん入れてくれます…11時まで食べてやっと帰りました。
今日はなんとか「幽霊」祭?「カボチャ祭」?「万聖節」?六本木近辺はとても騒々しかったです。奇怪な衣装を着た人が大勢いました(※訳者注:たぶんハロウィンのこと)。頭の上に牛の角?を二本つけていたり、ある人はカボチャのかぶりものをかぶっていました。マントを着ている人もいました。祈祷師のかっこうの人も..すごくたくさんいました。いろいろな衣装の人がいました..奇怪で恐ろしい仮装の人もいました。交差点の一帯でマスクの「怪物」が突然飛び出してきました。びくりして私はバッグを落としたまま逃げて..それで外国人が私をからかっていました..腹が立つ…
明日の午後は仕事です..来週は毎日取材..ふふ(笑)私は本当は毎日ずっと事務所にいたいんですが、取材も仕事の一つなので受けなきゃいけません。本当はお話したくないんです。質問に答えたくないんですよね..本当に何を言われても「知りません!!」って言えないでしょうかね?そうできればとっても簡単なんですが..でももしそんなことをしたら私の会社は怒り狂っちゃって..明日は必ず精神病院に送られちゃうでしょう..
DEBUTする前は私を気がおかしくなるくらい笑わせてくれる友達がたくさんいました..とてもなつかしいですね..でも本当にもうあんなにおかしくて笑うこともないんですよ!それにそんな時間はないですし…
音楽は夢の中のようです。音楽といっしょにいると現実の生活にはない感覚をたくさん味わいます…音楽の中では二つの心が一つになれます。どんな言葉よりも真実をもたらし..純朴さをもたらし..私たちの音楽のために歌い..言葉に出来ないことを思うために歌い…あなたのために歌い..自分のために歌い..