Asteriskビジネスに野村総研が参入

オープンソースのIP電話交換機「Asterisk」ベースの製品「xCube」を開発したモバイル・テクニカと野村総合研究所がシステムを共同開発したようだ。
モバイル・テクニカ社のニュースリリースはこちら。
「モバイル・テクニカと野村総合研究所が データセンター向け無線LAN位置検知システムおよび Click to Callソリューションを共同開発」
共同開発の中身は本質的な問題ではなく、いよいよAsteriskのようなオープンソース系のIP電話交換機ビジネスに、野村総研のような大手SIコンサル会社が進出してきたということになる。
国内のAsteriskはもはやベンチャーが手を出す段階ではなく、ビッグビジネスになりつつあるということだろうか。