alan中国語ブログ試訳:2007/10/10

さすがに平日は時間があまりなく、短時間でできる中国語の勉強といえばalanさんの中国語ブログを日本語訳することぐらいになる。引用元はこちらの「阿兰达瓦卓玛的BLOG」
もちろんこれ以外にも聴き取りなどの勉強をしているのだが、ブログに書きようがないので書いていないだけだ。王菲の『我愿意』の歌詞を覚えたのは勉強のうちに入らないか。
今日読んだ連続する2日分のブログには、ほぼ同じ表現が出てくる。「辜负大家的期望(希望)」、「みなさんの期待を裏切る」という意味で、一度目は「みなさんの期待を裏切るわけにはいかない」、二度目は「みなさんの期待を裏切るのは本当に恐ろしい」。2日連続で同じ表現が出てくると切実さがよく分かる。
想像してみよう。20歳の頃のあなたが、言葉のまったく通じない国で一人暮らしをし、何十人というスタッフが自分のために昼夜問わず働く中で、しかも芸能界という上下関係の厳しい非常に保守的な業界でデビューするのだ。
「想像してみよう」と書いておいて何だが、想像を絶する重圧に違いない。この重圧にくらべれば、あなたが日々感じている重圧など、どれほどのものだろうか。alanさんに日本語で応援メッセージを書き込みたくなったら、こちらのalanさんの日本語公式ブログにコメントしよう
ところで、一人称はいつの間にか「偶」がなくなり「我」だけになっている。
2007/10/10 22:28:25
今日は仕事が終わりました、朝は日本語の補習をして、午後はスタジオに行って『.....』という映画の主題曲を録音しました、候補曲なので、まだ選ばれるかどうかわかりません(※訳者注:「选中」は辞書にない言葉だが「选种」と同じ意味とする)、なのでしばらくこの映画名は公開できません。楽曲はとても良くて、一般的な中国音楽とはかなり違います。中国音楽の要素もありますが、もっと国際化路線の感覚が強いです。歌詞は私が自分で書きました。、とにかく最初に聴いたときは体が震えるほど感動して、さすが映画音楽です。だから迫力があります(※訳者注:形容詞の「大气」も辞書にない言葉なので意訳した)。私たちの作品が幸運にも入選するといいのですが、なんといっても私たちのチーム全員の心血を注いだ作品ですから。みなさんと喜びを分かち合いたいですが、今はまだその時ではありません。なのでもう少し待ってから…
来週はロサンジェルスという自動車雑誌の表紙を作り、その中の8ページが私の内容になります。本当に不思議で、最近私を不思議がらせるようなことが続けて起こるので、少し恐ろしい感じがしています。今はちょうど10月20日のコンサートの準備をしています、なにしろ新人だし、日本の先輩たちと同じ舞台に立つのはかなりのプレッシャーで…、今日はご飯ものどを通らず、みなさんの期待を裏切るのが本当にこわくて、私は努力努力また努力しないと!!!!私の進歩がみなさんにも分かるといいのですが。私の人生を考えてみるとこんな風にみなさんに一歩一歩後押ししてもらって、私の後ろにはこんなに大勢の人たちが私が上に登っていくのを支えてくれています、私は後ろを見ないようにして、ただ一歩一歩上に登っていくしかありません。これは間もなくDebutするという前の緊張や、恐れの表現だけのことかもしれませんね….ああ……神さま…..神さま(※訳者注:「天」と「神」が使い分けられているが日本語ではどちらも「神さま」とした)…….お月さま…..(月は私のラッキーアイテムです、私の名前の中の達瓦というのは蔵語で月の意味なので)、私をお助け下さい、私をお守り下さい、この戦いは必ず見事に!!!すっきりと勝たなければいけません!!!阿蘭——頑張れ!!!!!!!!!!!!!