alan中国語ブログ試訳:2007/09/13(後半)

引き続きalan(阿蘭)さんの中国語ブログを日本語に翻訳して中国語の勉強をしてみる。今回の記事も20歳の天真爛漫な女の子が書いたとは、にわかには信じがたいテツガク的な内容になっている。ほんとうにalanさんのブログは読めば読むほど魅力的だ。
四捨五入して40歳になる人間が20歳の女の子の書いたブログに励まされている場合か、という気がするが、こういう人だから人のために歌を歌うことを仕事にできるのかもしれない。
引用元はいつもと同じ「阿蘭達瓦卓瑪的BLOG」
2007/09/13 22:55:43
人はある年齢になると、ただ自分のためだけに生きているのではないと気づきます。これは自然の法則のようなもので、同時に一種の責任のようなものです。私は疲れてしまったり、投げ出してしまいたくなったとき、私の頭の中には突然いろいろな映像が現れます、たとえば:
両親--私をかわいがり、とても辛い目にあいながらも私を育ててくれ、美しい女性に成長してほしい(※訳者注:原文では「鳳凰になることを望む」)という心情を持っている..
先生--いかにして私をこの音楽界に引き入れてくれ、私をさらに多くの専門的知識を知り、学ぶようにしてくれたか。
同僚たち--ステージの裏でいかに私のために命がけで仕事をしてくれ、皆さんいかに努力をして私を引き上げて下さっているか
こういうとき私は自分にこう言わざるを得ません NO!そこでこういうとき一つの「動力」とでも言いたいものが現れるんです、これは一種の形のない支えでもあり励ましでもあります、そのおかげで私は引き続き上って行くことができます。まるでかたつむりのように..たとえ速度はゆっくりでも、つねに上へと上って行かなければなりません。あんなにたくさんの人たちの二つの目が私のことを見つめているんです。私はこういう風な感じになるんです。幸い私の選んだのは私がよく知っていてとても愛している仕事です。だから私はまずまず動力と熱情をもって仕事をしていると思います。
私は皆さんにも言いたいです。どんなことであっても軽々しくやめるなどと言ってやめてしまってはいけません、感情にしても、事業にしても、人に対してもものに対してもすべて同じことです。ちょっと考えてみてください、すでに努力し、力を尽くしている..だから歯を食いしばって頑張りさえすれば必ずしかるべき報いを得られます、成功するかどうかはといえば..神さまが与えて下さいます。私はどんなこともこうした人の運命(運気)と関係があると信じています..ただ努力は最低限の条件です。なるほどそのとおりという言葉があります:チャンスはしばしば準備のととのった人たちに与えられる…特に若い人、私と同じくらいの年の人たちは。毎日何もせずに過ごしたり、そのばしのぎで過ごしている人もいます..ちょっと考えてみて下さい。一人の人間は一生のうちに20年、30年といった歳月を何度無駄にできますか?ちょっと考えてみて下さい。人はその一生をいったい誰のために生きているのか…