日本にアイフォンは必要ない

日経ビジネスオンラインが米『BusinessWeek』誌の「日本にアイフォンは必要か?」という記事を翻訳転載していた。アイフォンというのは例のApple社のiPhoneのことだ。
「日本にアイフォンは必要か?~ケータイ先進国の消費者はそっぽを向くかも」(BusinessWeek)
要約すると、アップル経営陣は日本でiPodが爆発的に売れたのだからiPhoneも売れるはずだと楽観的だが、日本の消費者はすでに高機能な携帯電話機に慣れており、たとえ3G対応のiPhoneが発売されたとしても価格性能比の悪さのため、日本市場では売れないだろう、という内容だ。
アップル社はiPhoneの日本投入に向けNTTドコモと交渉を進めているが、両者の利害が一致しないため、これも難航するだろうとしている。
BusinessWeek誌がiPhoneの日本市場進出についてここまで懐疑的な見方をしているのだとすれば、BlackBerryについてもまったく同じことが言えるだろう。
BlackBerryの方は既にNTTドコモと提携を済ませ、昨年末、BlackBerry端末だけにかかる月額利用料を引き下げするなどテコ入れをはかっているが、それでもブラックベリー端末が国内の法人向け携帯電話市場で目だって話題になることはない。
先日もお伝えしたように、世界中のスマートフォン市場を見たとき、北米市場というのはきわめて特殊な市場なのだ。iPhoneやBlackBerryが北米で成功したからといって、日本でも成功するというのは、まったく根拠のない流言飛語のたぐいである。