今日は仕事始め

年末年始の連休中は、好きなだけの時間を中国語学習に費やせたおかげで、一日で『地下鉄の恋』5分間分の字幕と、阿蘭さんのブログ数回分の日本語訳をできたけれど、仕事が始まるとほとんど進まなくなってしまう。出るのは、ため息ばかり。
去年は年末年始の休みを全部つぶして働いたのに、その努力を「できて当たり前」としか評価しないような、ひどい会社に勤めていたが、昨年中に首尾よく転職することができ、今年は9日間まるまる休むことができた。
語学学習は集中してやれば、忘れにくい短期記憶の利点を生かすことで好循環に入るのだが、時間がとれなくなると、忘れた短期記憶を辞書を引き直したりして取りもどすだけで、かなりの時間が必要になり、極端に効率が悪くなる。
もっと時間が欲しい。ただ、24時間365日中国語の勉強ができたとしたら、一体何のために中国語の勉強をしているのか、本末転倒ということになる。
いや、そもそも僕はいったい何のために中国語を勉強しているのだろうか?