経営者のみなさん、全部、現場のせいにしましょう

赤福餅に続いて、大阪の船場吉兆の賞味・消費期限偽装と産地偽装。社長は「農水省の調査で初めて知った」と強調し、すべて現場や課長以下が独断でやったことだと言い張っているらしい。
そんな言い逃れが通用するわけがないのだが、ある意味、正しいのかもしれない。経営者はこの手の不祥事があったら、どんどん「現場が勝手にやったことだ」と言い逃れしてみてはどうだろうか。
というのは、まだ不祥事がバレていない現場の社員たちはカチンと来て、「どうせうちの会社の経営陣も言い逃れするんだろう。完璧、裏切られた感じ。そんな会社ならいっそのこと内部告発しちゃえ!」となって、どんどん内部告発が出てくるはずだからだ。
経営者のみなさんは、下手に現場をかばうことなく、全部、現場のせいにしましょう。

経営者のみなさん、全部、現場のせいにしましょう」への0件のフィードバック

  1. 京都日記~独り言~

    船場吉兆、責任転嫁

    高級料亭吉兆グループの船場吉兆(大阪市)の偽装表示問題で、同社が「地鶏」として販売していたブロイラーの出荷元の老舗鶏肉専門店(京都市)は普段から地鶏を扱っていないことが12日、分かった。 船場吉兆の湯木正徳社長は、9日の記者会見で「地鶏と思って仕入れたが、出荷元に『品不足でブロイラーを使った』と言われた」と説明しており、出荷元に責任転嫁しようとした可能性がある。 出荷元の店主(63)によると、船場吉兆との取引は10数年前、湯木社長が店を訪れ、もも肉10枚(1枚350グラム……