アイリバー製携帯プレーヤーに買い換えてビデオニュース・ドットコムを聴く

夏に購入したパナソニックSDカード携帯音楽プレーヤー、やはり専用の音楽転送ソフト「SD Jukebox」の処理速度がきわめて遅く、使いづらいこと、また、アルバム1枚あたりの曲数が99曲と、語学CDの管理が事実上不可能なことから、Yahoo!オークションで市価の3分の2の格安で売り払った。

そして、アイリバー社のDP100(2GB)に買い換えた。
こちらはUSBメモリと同じようにWindowsのエクスプローラーでかんたんにファイル転送でき、語学CDに不便な機能制限もない。付属耳栓型イヤホンや音響性能はパナソニック製品に劣るし、記憶容量を拡張することも不可能だが、任意の曲の間を反復再生する機能もあり、語学学習のための使い勝手は非常に良い。
本体のデザインもシンプルで悪くない。しかも、容量が松下電器製品の倍で価格が半分とコストパフォーマンス抜群。こんなことなら初めからiriver社の製品を買っておくんだった。
曲転送がパナソニックの「SD Jukebox」に比べると、大げさでなく50倍ほど高速になったので、ビデオニュース・ドットコムのストリーミング放送を「GetASFStream」というフリーウェアでダウンロードし、「PetirDecoco」というフリーウェアで音声部分だけWMA形式で抽出してDP100に転送、通勤途中で聴くということもやっている。
ようやく快適な携帯プレーヤー生活が始まった。
(ますますアフィリエイトブログっぽくなってきて申し訳ない)