カーペンターズ『青春の輝き』

先日NHKでカーペンターズのドキュメンタリー番組が放送されていたが、彼らの有名なヒット曲の中で唯一弾き語りしたことのなかった「I Need to be in Love」(邦題『青春の輝き』)を、ふとどうしても覚えたくなって、迷わずYouTubeで検索してみた。こういうときにYouTubeは強力な道具になる。カーペンターズ - Carpenters: Gold - Greatest Hits - I Need to Be in Love
期待どおり、本人たちが歌唱する歌詞の字幕つきライブ版と、プロモーションビデオ版が見つかり、歌詞は別のWebサイトから入手してMS-Wordで行間をたっぷりとって印刷し、メロディーを聴きながら、行間の余白にギターをつかって伴奏のための和音を自分でつけていく。
我流なので自信はないが、メジャー7thやディミニッシュコードが多様された優雅なコード進行で、カーペンターズ作品のメロディーの美しさにはいつもながら鳥肌が立つ。
歌詞も素晴らしい。文字どおりには、理想を追い求めすぎた過去の恋愛を悔やむ内容だが、過度の完全主義を自省する、より普遍的な解釈もできそうなので、思わず替え歌を作りたくなる。言うまでもなくもっとも美しい部分は次の一行だ。
I know I ask perfection for a quite imperfect world
And fool enough to think that’s what I’ll find
Youtubeでカーペンターズの他の曲、「Close to You」「Rainy Days and Mondays」などを検索して観るうちに、偶然、関連する動画一覧にREO Speedwagonが現れ、そこから1980年代に熱中していたBillboardヒットチャートに脱線してしまった。
そこでふと思い浮かんだ名前がTracy Ullmanだ。「They Don’t Know」のプロモーションビデオを20年以上ぶりに観て、そういう意味だったのかと今さらながら納得した。所帯じみた主婦が1960年代の若かりし頃を振り返る内容だったのだ。中学生の頃の僕はまったく理解していなかった。
さらに脱線して、1980年代後半に放送されていたらしい「Tracy Ullman Show」で、彼女が主役を演じるコントもいくつか観ることができた。英語を完全に聴き取れないのが残念だったが、エキセントリックな女性キャラを演じさせると一級のコメディアンであることが確認できた。
そうするちにふとStrawberry Switchbladeの名前を思い出して検索し、プロモーションビデオを観たのだが、ゴシックロリータ・ファッションの原点はもしかすると彼女たちなのではないかと思った。
そんな風に、YouTubeの著作権違反動画を観つつ、無為に過ごす黄金週間である。