QBハウスにブロンドの美女

今日、QBハウス(1,000円理容のチェーン店)に行ったら、背の高い、正直なところあまり冴えない日本人の中年男性と、ブロンドの白人女性のカップルが順番待ちをしていた。白人女性はカジュアルなファッションをしていたが、痩せ型の美人で、もの珍しそうに入口にある券売機や、理髪中の他の客をちらちら見ながら相手の男性と話していた。
白人女性の番が来て席にすわると、相手の男性がスタッフに後ろ髪だけを切りそろえるように言い、男性は男性で自分も髪を切ってもらっていた。
髪を切り終わると、白人女性は満足した様子でスタッフに片言の日本語でお礼を言い、ほぼ同時に髪を切り終えた男性とともに店を出て行った。
駅ビルの中にあったそのQBハウスの店舗は、例えば神保町にある店舗と違って、できたばかりのせいかとても明るく清潔な感じで、仮にこの白人女性が米国人だとすれば、簡単なカットとはいえ、東京都内でたった1,000円で済んだことに驚いたのではないか。
おそらく相手の男性が連れてきたのだと思うが、あの白人女性は実は留学生か何かで、ふつうの美容院に行くお金がなかったのか、お金はあるけれども男性の誘いで、ちょうど後ろ髪を少しだけ切りたいところだったし、興味本位でQBハウスに来てみたのか、いったいどちらだったのだろうか。
1,000円美容院でアジア系やヒスパニック系の外国人は見たことがあるが、明らかにアングロサクソン系の白人で、しかも女性は見たことがなかったので、どうでもいいことだがここで報告してみた。