マイクロソフト「GroupBoard 2007」実用に耐えず

マイクロソフトがOffice2007にあわせて新たにリリースした「GroupBoard Workspace 2007」だが、評価してみた結果、やはり実用に耐えないことがわかった。
前のバージョンのGroupBoardでは、会議室(施設)予約で排他制御がかからず、重複予約できてしまうのが致命的な欠点だったのだが、驚くべきことに、新バージョンでも改善されていないのだ。
このGroupBoardという製品は、マイクロソフトの日本法人が、Windows SharePoint Services対応の日本向けテンプレートとして開発しているそうだが、どうも日本企業の現場をよく分かっていないようだ。
たしかにスケジュール登録画面に、重複予約をチェックするためのボタンがついている。しかし、ふつうの操作の流れは、「OK」ボタンをクリックした後に、「予約が重複しています」というエラーメッセージを表示するというものだろう。
「デスクネッツ」では、会議室などの共用設備について重複予約を許可するかどうかを、システム管理者が自由に設定できる。それに対してGroupBoardは、重複予約可能、という設定を自由に変えられない。
GroupBoard Workspaceは、SharePoint Servicesの日本向けテンプレートとして、日本だけで提供されている製品だけに、いったいマイクロソフトは何をやっているのか、という疑念がぬぐえない。
昨日の記事を訂正させて頂く。マイクロソフトの「GroupBoard Workspace 2007」よりも、デスクネッツ、サイボウズガルーン2をお勧めする。