時代錯誤の「上司」観

どうやら多くの日本人会社員は、上司というものは、人間的な器が大きいから上司たりうるのだ、と考えているようだ。カリスマ性と言い換えてもいいだろう。
しかし、これでは、日本企業は近代的組織ではないということになる。上司という地位が、「器」やカリスマ性といった属人的なもので決まるのでは、その組織を長期にわたって安定的に運営することはできない。部長のAさんが抜けたら、その部はおしまい、課長のBさんが抜けたら、その課はおしまい、というとんでもないことになってしまう。
近代的組織において部長が部長であるのは、人事評価によって一定の業務経験やスキルを身につけていると判断され、組織を運営する規則によって指名されたからである。それ以上でも、それ以下でもない。
部長の権威の源泉は、本質的には社内の規則であって、その人物のカリスマ性ではない。もちろんカリスマ性のある部長、課長といった人は存在するが、カリスマ性があるから上司になっているのではない。
こんなこと基本的な近代的組織の考え方だと思うのだが、いまだに上司に「器の大きさ」のような、客観的な根拠のない素質を求める時代錯誤の人間が、日本の会社組織には実にたくさんいる。
僕もいちおう管理職ということになっているが、たまたまそのポストが空いていて、会社に指名され、所定の責任と権限を組織の規則にもとづいて行使しているだけであって、別に器が大きかったり、カリスマ性があったりするからではない。
いったい日本人は、いつになったら「近代」というものを、日常生活できちんと実践できるようになるのだろうか。

時代錯誤の「上司」観」への0件のフィードバック

  1. りんたい

    TB: 時代錯誤の上司観

    ブログ「愛と苦悩の日記」の記事「時代錯誤の上司観」(以下、この記事の書き手を筆者といいます)への感想です。多くの部下は、上司にカリスマ性や器の大きさなどを期待していないんじゃないか、というのが私の感触です。「課長いる? 返った答は、『いりません。』」というサラリーマン川柳も有名ですよね。あるかつての同僚は、部長について「手伝ってくれとは言わないから、せめて邪魔をしないでほしい。」というのが口ぐせでした。私が長年の会社勤めで従った何人もの上司のなかで、一人だけ「器の大きさ」を感じて「自然に尊……