英『エコノミスト』誌のおちゃめな記事

2006/09/07付け英『エコノミスト』誌にこんな皮肉たっぷりでおちゃめな記事が掲載されていた。
Fear of flying – Welcome aboard
導入部分だけ翻訳するとこうなる。「機内アナウンスは全部本当というわけではない。もし正直な機内アナウンスがあったら、どうなるだろうか?」
本来は全文訳出したいくらいだが、無断転載はできないのでそうもいかない。かなり笑えるので、頑張ってお読みいただきたい。ちなみに、途中に登場する「sudoku」は今そこそこ流行っている数字版クロスワードのようなゲーム「数独」のことだ。